振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > 【消費税アップ】を見据えた振袖の購入を

【消費税アップ】を見据えた振袖の購入を

2010/01/04

消費税アップを 見据えた振袖の購入を

2014年4月安倍政権のもと、
とうとう消費税が8%になりました。

増税前は、駆け込み需要の話題で
メディアはもちきりでしたが、
みなさま、どのように増税を迎えられたのでしょうか?

そして、増税後の暮らしはいかがですか?

消費税8%に、
ようやく会計時も慣れてきたことと思いますが、
この増税、8%で終わりではないことは
ご存じの方も多いことでしょう。

まだ、正式に決定していませんが、
2015年10月には消費税10%に
引き上げられることが予定されています。

今後、消費の様子などを見て決定されるとのことですが、
増税は覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

さて、2015年に消費税アップとなれば、
2014年の駆け込み需要が参考にされることは
間違いありません。

消費税8%へ引き上げ時は、
着物にも駆け込み需要がありました。

増税前の2月、3月は、予約が例年の数倍にもなり、
現在、高校2年生の子が成人式の振袖を
購入しに来たこともありました。

もし、同じ商品を購入するならば、
少しでも安くと思うのは当然のことです。

2015年の消費税10%引き上げ時には、
やはり、振袖の駆け込み需要が予想されます。

需要増となれば、品薄感が出たり、
なかなか予約が取れないといった不都合も考えられます。

今、成人式の振袖を名古屋でご検討のお客様には、
消費税引き上げを見据えたご購入をおすすめします。

消費税増税前の 振袖の購入ならコチラ