振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > 成人式【早すぎる準備】にはリスクも

成人式【早すぎる準備】にはリスクも

2010/01/06

毎年、一月に行われる成人式。

街で振袖を着ている女性を見かけると、
成人式だったのかしらと思ってみてしまいます。

成人式といえば、振袖。
一式そろえると高額になることから、
レンタル派も多くなってきました。

レンタル派にも購入派にも言えることですが、
昨今は、早めに準備をする女性が増えています。

その理由は、良いものはすぐに売れてしまうから。

では、どのくらいから準備を始めるのかというと、
「一年前」という人が結構います。

中には3年前、4年前という相当早い方もいます。

早くに準備する方に伺うと、
「着物は腐らないから」
「増税前に」
「気に入った着物を見つけたから」
のような理由が返ってきます。

納得の理由ではありますが、
早すぎる準備には、多少のリスクもあります。

そもそも、振袖を準備するのは、
成人式に着ていくためですが、
これまで乗り気だった友人たちが、
軒並み「欠席」を決め、
参加しにくくなったという話も聞きます。

社会人になっている人は
会社の休みがもらえなかったり、
大学生などはちょうど試験の時期と
重なっていたりするようです。

友達と疎遠になってしまい、
参加しにくいという人もいます。

また、最近では海外留学をするので 成人の日は
日本には戻って来れない というケースもあります。

もし、早めに準備をしたいとお思いでしたら、
振袖を取り扱っている名古屋のお店に
相談してみてください。

⇒ 失敗しない 振袖の上手な選び方