振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > 振袖の仕上がりイメージはスタッフにお尋ねください

振袖の仕上がりイメージはスタッフにお尋ねください

2010/01/17

「振袖をください」と呉服屋を訪ねても、
お店では 振袖そのものはほとんどおいていません。

多くは仮絵羽という反物を縫い合わせた状態で、
生地が販売されています。

一部、すぐに着られる振袖を扱っていることがありますが、
それは、「仕立て上がり」もしくは「プレタ」といって既製品です。

既製品ですから、なかなかベストサイズとはいかないようです。

さて、振袖購入に欠かせない反物選びは、
慣れていない方にとってやさしいものではありません。

振袖には無地のものはなく、
洋服に見られるようなボーダー柄やチェック柄もありません。

着物の柄は
桜や牡丹、菊などの模様が入った古典柄や、
バラや百合、蝶などの模様が入ったデザイン系などに分けられます。

この柄の入り方は、反物によって全く異なります。

全体に大きく入る場合もあれば、
足元の方に控えめに入る場合もあります。

左右対称に柄が入らないものもあり、
経験の少ない方が、
反物を見ただけで仕上がりを想像するのは難しいものです。

襟元や袖、裾にどのように柄が入るのか、後ろどのようになるのか、
振袖の仕上がりイメージは、ぜひ、スタッフまでお訪ねください。

振袖を扱う名古屋の呉服店には、経験豊富なスタッフがいます。

また、柄の出方にご希望がありましたら、
先にスタッフに伝えておくと、
ご要望に添った御品をご案内できるかもしれません。

ご希望通りの振袖を着るには、
スタッフとのコミュニケーションを楽しむことが大切です。

振袖の選び方冊子 無料プレゼント!!