振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > 振袖を着る予定が入った時は、早めにチェックをしましょう!

振袖を着る予定が入った時は、早めにチェックをしましょう!

2010/01/31

卒業式に、成人式で着た振袖を着ようと出してみたら、
シミがついていて困ったという話を聞きました。

卒業式では、
成人式で着た振袖に袴を合わせる人も少なくありません。

いざ、着ようと振袖を引っ張り出してきたら
目立つシミがあった…
となると困りますね。

成人式から卒業式まで、
専門学校・短大と大学・大学院では年数もかなり違います。

成人式をした年に卒業式という方もいるかもしれません。

浪人時代や留年があったので、
卒業までかなりかかったという場合もあるでしょう。

一般的に、着用から年数がたつほどシミなどのトラブルは
増えてしまいます。

これを防ぐには、
成人式後に必ずクリーニングに出すことです。

着用後、きれいに見えた振袖も、
時間がたつにつれてシミが目立ってくることもあります。

また、一度クリーニングに出した振袖でも保管の状況によっては、
シミがついている危険もぬぐえません。

そのため、成人式に着た着物を着ようと思った時点で、
着付けの予約とともに、
そのまま着られるか振袖を確認してみることをおすすめします。

振袖も扱う名古屋のきもの専門クリーニングでは、
手ごわいシミにも対応してくれるお店もありますが、
一般的な洋服のクリーニングの何倍もの時間がかかりますので、
日にちが迫ってからでは対応できなくなってしまいます。

さらに、
帯や小物類にもシミなどがついている場合がありますので、
振袖と合わせたいもの全て確認することをおすすめします。

準備不足で着られなくなったとならないように、
早めに確認しておくと安心して振袖を着られますね。

振袖のクリーニング・染み抜きはコチラ