振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > やまなか148年の歴史【その2】

やまなか148年の歴史【その2】

2011/05/15

さて、やまなか148年の歴史〈その1〉 にひき続き、今回は「その2」をお話しさせていただきます。

 

 

健一とうめ400

 

 

上の写真が「きものやまなか」2代目 山中健一と妻 うめです。

つまり私の、ひい おじいちゃんと、ひい おばあちゃんですね。

 

1902年(明治35年)には 名古屋市中区東萬町に移り、京呉服問屋を開業します。

(この東萬町という地名は、今はもうありません。)

 

翌年には ライト兄弟が人類初の動力飛行に成功した という時代です。

 

当時、日本人は毎日のように着物を着ましたので、お店もたいへん繁盛していました。

 

毎日お客さまであふれ、番頭さんや丁稚(でっち)さんも10人以上いた 大きい呉服問屋だったそうです。

 

この2代目「健一」は早くに亡くなり、お会いしたことがないのですが、うめ様は、私が中学1年の時まで生きていたので よく可愛がってもらいました。

 
 
 「うめ」と「6代目」
  
6代目とうめ1_348
 
 
 

 6代目とうめ2_396

 

 

毎日「きもの」を着ており、洋服姿はほとんど見たことがありません。

 

当時やんちゃな私は よく悪さをして、うめばあさんに棒をもって追いかけられていたそうです。(覚えてないけど・・・)

 

今の時代 なかなか「ひい おばあちゃん」と一緒に暮らすことは 少ないので、私はしあわせ者ですね。

 

それでは、次回〈その3〉 をお楽しみに~