振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > やまなか148年の歴史〈その3〉

やまなか148年の歴史〈その3〉

2012/05/04

 

鉦一_280

 

 

こんにちは。

きもの「やまなか」の6代目 山中邦彦です。

 

今回は、「やまなか148年の歴史 その3」を
お話させて頂きます。

 

( やまなか 148年の歴史 その1 その2

 

さて、この軍服を着た青年が、
きもの「やまなか」の 3代目 鉦一(しょういち)です。

この時代、日本は「太平洋戦争」に突入しました。

 

鉦一_出征450

 

 

「やまなか」を継ぐはずだった鉦一も、赤紙をうけとり、
戦場に向かうことになります。

 

( 上が、お店の前で撮影された、出征の時の写真です。)

 

繁盛していたお店も、着物どころではなくなり、
休業を余儀なくされました。

 

そして、家族は田舎へ疎開することになります。

 

 

鉦一ハガキ_498

 

 

こちらは、3代目が戦地より家族にあてた「直筆のハガキ」

戦地の様子が、「青い色鉛筆」で描かれています。

 

3代目は、絵がとても上手だったんですね。

 

もし店を継いでいたら、お客様に喜んで頂ける
素敵なコーディネイトを したかもしれません。

 

家族も、そんな鉦一の帰りを待っていましたが、
その後、彼が日本に帰ってくることはありませんでした。

 

ソロモン諸島の「ボーゲンビル島」にて、
23歳の若さで戦死したとのことです。

 

また、名古屋市内も大規模な空襲 をうけ、
「やまなか」の店舗や商品も、すべて焼けてしまいました。

 

多くの人が亡くなり、当時の人たちは、
大変つらい思いをしたとおもいます。

 

すべてがゼロになり、一からやり直す苦労は、
想像もつきません。

 

私たちの今の「幸せな生活」は、
そんな当時の人たちの 苦労の上に成り立っている事に
感謝しながら、「その3」を終えたいと思います。

 

よ~し、僕も未来の子孫のために 頑張らねば!

 

それでは、また「その4」で お会いしましょう。

 

「きものやまなか」148年の歴史 その4