振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > 成人式の振袖を【購入する時のタイムリミット】は?

成人式の振袖を【購入する時のタイムリミット】は?

2014/10/07

成人式の振り袖を 新しく購入する場合、いつまでに 呉服屋さんに お願いすれば 良いのでしょうか?

 

お下見の段階で 着装した振り袖は、裏地も 付いていませんし、お嬢様のサイズにも 合っていない「仮縫い」の状態です。

 

もし 気に入った御品が見つかった場合は、そこから、

 

● 湯のし
● ガード加工
● お仕立て

 

などの作業を しなければいけません。

この期間が、どこの呉服屋さんでも 2~3ヶ月 は 必要です。

 

このブログを 書いた日付けは、平成26年10月7日 ですが、来年の 平成27年1月(3ヶ月後)に 成人式を お迎えになる方にとっては、タイムリミットが そろそろ近づいてるという事になります。

 

購入タイムリミットカレンダー580

 

また「やまなか」の場合、お下見は 御予約制という事になっていますが、この時期になると、再来年(平成28年1月)御成人の お客様の方が 多くなり、2つの学年の お下見が重なるため、いつも以上に 込み合います。

 

「まだ1年以上も あるのに?」

 

と思われるかもしれませんが、もし お知り合いで 再来年に 御成人の方が おられたら、一度 お尋ねになってみて下さい。

 

「もう 振袖は 購入したわ。」

 

という方が、ボチボチ いらっしゃるはずです。

 

また、このタイムリミットについては、新作の購入だけでなく「ママ振リメイク」についても 同じ事が言えます。

 

お母様の振袖を リメイクをする場合、小物をアレンジするだけなら 時間はかかりませんが、古い染みを落としたり、サイズを直したりする場合は、かなりのお時間が 必要です。

 

また、帯を新調する場合も、着物ほどでは ありませんが、お仕立て期間が 必要です。

ちなみに 去年の12月は こんな感じでした。

 

そのときの ブログ記事

 

ただ 本当は もっと早く お店に行きたかったけど、お嬢様が 海外留学などで どうしても 下見に行けなかったという方も 大勢 おられると思います。

 

でも ご安心ください。まだ 今の時期でしたら 十分間に合いますので、お嬢様と一緒に、呉服屋さんに行ってみましょう!

 

このブログを 御覧の皆様に 素敵な お着物との出会いが ある事を 心より 願っています  (^▽^)/

 

新作振袖の お下見

 

ママ振リメイクの 御相談