振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 【成人式の振袖】を阿久比町でお探しなら「きものやまなか」へ

【成人式の振袖】を阿久比町でお探しなら「きものやまなか」へ

阿久比町でいちばん輝く振袖美人に

 

 

振袖専門問屋「きものやまなか」では 阿久比町の皆さまに高品質の古典柄振袖を問屋価格にて小売り販売しております。

また「お母様の振袖」を甦らせる「ママ振リメイク」は 年間200枚以上を取り扱っており、東海3県でナンバーワンの実績を誇ります。

創業より152年かけて築き上げたノウハウで、他とは違う「貴女だけの成人式」をお客様と共に創り上げて参ります。

 

「きものやまなか」振袖美人

こちらのお写真は すべて当店にて振袖をご購入頂いたり、ママの振袖をリメイクさせて頂いたお嬢様です。

 

 

「きものやまなか」のお客様の写真は、現在フォロワー数1万人を超える「公式インスタグラム」でも御覧いただけます。

お気軽にフォローして頂き、コーディネイトやヘアスタイルの参考にしてみて下さい。

 

公式インスタグラム

 

 

メディア掲載実績

「きものやまなか」の成人式に関する長年の取り組みは、多くのテレビや新聞などのメディアに取り上げられております。

 

きものやまなか中日新聞掲載記事

中日新聞【夕刊】平成23年1月8日

 

 

NHK「ほっとイブニング」平成25年1月7日

 

 

名古屋テレビ「ドデスカ!」平成27年1月14日

 

 

28年01月中日新聞2_580中日新聞・東京新聞 平成28年1月11日

 

「やまなか」メディア掲載実績

 

 

「やまなか」での振袖に関するの御相談

 

きものやまなか店舗外観_380

 

「やまなか」での振袖に関する御相談は、完全ご予約制となっております。

お下見ご希望の方は、下記ページに御予約の仕方が詳しく書いてありますので、どうぞ御覧下さい。

 

新作振袖の購入

 

お母様の振袖アレンジ

 

 

LINE@ お友だち募集中!

「きものやまなか」の公式LINE@ のアカウントを「友だち追加」して頂いたお客様には 振袖のイベント情報や、成人式に関するお役立ち情報を定期的に発信しております。お気軽に友だち申請して下さい。

 

友だち追加

 

 

 

阿久比町の成人式の特徴

 

成人式01_430

 

2016年度は式典での挨拶と、新成人の集いの二部構成の成人式が行われました。
また当日行われた、メッセージカードも高評で、後日新庁舎のロビーに展示されました。恩師の方々も参加され、大抽選会などのイベントが行われました。イベントは毎年実行員が考えるので、また2017年度も実行員を中心とした楽しいイベントが行われる事でしょう。

阿久比町の成人式情報

 

阿久比町の過去の成人式について

愛知県知多半島の中央部に位置する阿久比町は海に面していない内陸の町です。
阿久比町で行われる過去の成人式のイベントでは、1部は式典として約30分程度行われ、2部には新成人の集いが午後1時まで行われます。
最後には記念撮影が行われますが、出身小学校ごとの記念撮影となっているので小学校時代を懐かしく思い出すことができ毎年楽しい撮影となるようです。

成人式の会場となるのは、エスペランス丸山と言われている阿久比町勤労福祉センターです。

成人式のイベントへの案内は、11月下旬に案内のはがきが届けられるようですが、仕事や学校などの関係で阿久比町から離れてしまっている人ももちろん参加することができます。
参加する場合は、事前に社会教育課への連絡が必要です。式典を開催する阿久比町の社会教育課では、成人式当日は、簡素は服装での出席をと勧めていますが、やはり一生に一度の大きなイベントですから、女性は振袖、男性も正装で出席する人が圧倒的に多いですね。
最近では男性もスーツではなく羽織袴で出席している人も増えていてとても華やかです。

阿久比町は、豊かな自然に恵まれていて、伝統行事や歴史を古くから受け継がれているほっとすることのできる町ですが、そんなのんびりとした町に1年に1度、振袖を着たキレイな女性が集まるのですから、阿久比町の成人式のイベントはとても華やかで幸せな気持ちにさせてくれるのではないでしょうか。
もしかしたら、子供の頃から一緒に過ごしてきた友達に、成人式のイベントで数年ぶりに再会するなんていうことも珍しくないかもしれませんね。
素敵な再会が待っているかもしれませんから成人式のイベントは、女性なら振袖を着てキレイになった姿で昔の友達と再会したいと思っても当然かもしれませんね。

振袖は、新作の発表会で紹介されているものを選びたいという人もいる一方で、自分好みの色と柄を選ぶという人など様々です。
どちらにしても、振袖はこれが定番というものではなく、自分の顔が一番映えるものを選ぶようにすると良いですね。

阿久比町で振袖選びをされる方の中には、何十年たっても着る事ができる古典柄の振袖をお選びになる方が多いようです。またお母様が着た振袖をリメイクしてご出席される方もとても増えているようですね。