振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > お母様の振袖リメイク > 【お母様の振袖】をお着せする時、まず始めにする事

【お母様の振袖】をお着せする時、まず始めにする事

こんにちは。「きものやまなか」6代目の山中邦彦です。

 

さて、お母様の振袖を お嬢様にお着せする場合、まず最初にする事とは 何でしょう?

 

それは、タンスの中から お着物を出して、その状態を 確認する という事です。

 

カンタンな事のように 思われるかもしれませんが、実は この第一歩が 一番大変だったりします。

 

なぜなら、普段 和服に接する機会がない お母様にとって「きもの」は 未知の世界

 

「着物なんて 広げても たためないし・・・」
「すごいシミになってたら どうしよう・・・」
「実家にあるけど、取りに行くのが面倒だわ・・・」

 

などなど。どうしても、先延ばしにしがちです。

 

中には、お着物に一度も目を通さず「やまなか」に お持ち頂いた時、

 

「あけてビックリ! 玉手箱 ~ 」

 

みたいな感じで、初めて たとう紙( 着物を入れてある和紙 )を 開けられる方も、おられます。

 

そして こういう時は たいてい「本当に ビックリ~~~~ 」な事になっています・・・(苦笑)

 

しかし お着物の汚れが酷い場合、直すのに4ヶ月以上かかるケースもあり 時期によっては、成人式に間に合わなくなってしまいます。

 

また、お振袖を着る お嬢様に見て頂き、ご意見を聞くことも 大切です。

 

お母様が どんなに ご自分のお着物を着せたくても、主役は やはり お嬢様ですからね。

 

( ただ、お母様の着物が お嬢様の好みではなくても、小物や帯のアレンジで かなり雰囲気は変わりますので、ご心配はいりません。)

 

お忙しい奥様にとっては 少し面倒な 作業かもしれませんが、カンタンで 構いませんので、一度 確認してみてください。

 

また、ご実家に晴れ着を お預けになっている場合は、早めに 取りに行かれるか、おばあ様に見てもらうといいと思います。

 

このように「お母様の晴れ着」をお着せする場合、言葉では言い表せない 感動がある反面、購入やレンタルにない 事前のメンテナンスが 必要となってきます。

 

間際になってから あわてない為にも、余裕をもって 成人式の1年前には、ご準備を 進めていきましょう。

 

 

 田代さま3

 

 

さて、本日ご紹介させて頂くお客様は、今年の1月 中日新聞の取材に ご協力いただいた みよし市にお住まいの 田代 裕子さま と お嬢様の 光(ひかり)さま です。

 

そのときのブログ記事はコチラ

 

こちらの 晴れ着は お母様だけでなく、お写真に写っておられる おばあ様にとっても、思い入れのある お着物とのことでした。

 

そのため リメイクの相談会には、はるばる高山市より おばあ様も お越し頂き、とても楽しく お見立てをさせて頂きました。

 

そして こちらが 完成したお写真です。

 

 

田代さま

 

 

どのお写真も キレイですね。

 

田代様のように きちんと1年前に御準備をされると、前撮りも ご都合がいい時期に 済ますことができ、余裕をもって 成人式を迎えることができます。

 

ご両親が「君に光あれ」という想いで 名付けられた 光さま。

 

その願いどうり 素敵な女性に ご成長され 、お写真も 光り輝いていますね。

 

 

田代光さま508

平成27年 御成人  田代 光 さま (みよし市)

 

 

【 ママの振袖リメイク 無料メルマガ講座 】
メルマガ登録して頂いた方には、全7回にわたり、「お母様の晴れ着をお着せするポイント」をお伝えします。



「ママ振リメイク」講座メルマガ登録
お名前(姓)  *  (例)山中
メールアドレス  *