振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 【浴衣の着付ヘアセット美容室】の御紹介

【浴衣の着付ヘアセット美容室】の御紹介

浴衣の着付け・ヘアセット美容室(栄駅・矢場町駅周辺)

 

SERIOさま浴衣ヘアセット着付メイク_コラージュ01_570

 

名古屋市中区栄駅・矢場町駅周辺でで浴衣の着付け・へアセットを綺麗にしてもらえる提携美容室・サロンをご紹介しております。

 

 

セリオ栄店_480

 

SERIO(セリオ)栄店

  • 住所 名古屋市中区栄3-17-12 大津通電気ビルB1
  • アクセス 地下鉄「矢場町駅」6番出口より徒歩2分「栄駅」より徒歩5分
  • 予約受付 0120-426-311
  • 営業時間 平日 10:00~20:00 土日祝 9:00~19:00
  • 定休日 月曜日(祝日の場合は営業)

 

お電話がつながりましたら「きものやまなか」のホームページを見たとお伝え下さい。

 

SERIO栄店 ホームページ

 

着付ヘアセット料金プラン

 

 

女性の浴衣の着付けの仕方

 

浴衣姿 男女_500

 

お祭りや花火大会等を風流に楽しむアイテムとして、浴衣は唯一身近な和装の一つです。
ですが、浴衣の正しい着付けはほとんど知られていないのではないでしょうか?
女性を、より一層綺麗に見せる女性用浴衣の着方について紹介します。

1.浴衣に袖を通した後、袖口を持ち肩の高さに両手を上げ引っ張ります。
2.両方の襟を右手で揃えてしっかりと持ち、背縫いの部分を左手で持って中心に合わせます。(この時に襟を軽く抜いておきます)
3.丈を決めてから、襟先から10cm程のところを持ちます。
4.裾がくるぶし辺りで止まるよう裾を下ろします。
5.左の裾を右腰に回して位置を決めます。
6.次に裾を持ったまま左手は開き、右手を逆の腰に回し、裾を少し上げておきます。
7.今度は左手を逆の腰に回し、同様に裾を上げます。
8.腰紐を前から後ろへと回し、ズレに注意しながら腰骨の上でしっかり結びます。
9.浴衣のしわを背面中央から脇に向けて伸ばします。
10.右襟下を三角に折ります。(左手を中に入れて行います)
11.左襟の位置を鎖骨の間が綺麗に見える位置に合わせます。
12.腰紐の上から、伊達締めを結びます。
伊達締めを結ぶ前に、緩んだ箇所をしっかり引っ張り腰紐を結び直しましょう。
最後に、縫い目の位置、締め帯の位置が揃っているか確認し、完了です。

 

男性の浴衣の着付けの仕方

洋服の着こなしは、オシャレのセンスがとても重要になります。
ですが、それ以上にセンスを問われるのが、浴衣や着物の着こなしではないでしょうか。
浴衣をオシャレに見せる男性用浴衣の着方について紹介します。

まず最初に、全身が見える鏡の前で作業を行うようにしましょう。
また、紐類はすぐ取れる位置に置いておきます。
1.浴衣に袖を通し軽く整えます。
2.両手を広げて、衿の端を持って背中の縫い目がセンターになるように合わせます。
3.センターのズレを注意しながら、右手側の上前を左の脇に入れます。
4.今度は左手側の上前を前に重ね合わせます。
5.鎖骨の間(のどの窪み)が見えるように衿を合わせます。
6.左手に腰紐を持ち、右手に紐を渡して浴衣の上前を腰骨の上でしっかり押さえます。
7.紐を前から後ろへと回し、前でしっかりと引っ張ります。
8.紐を二重に回して結びます。
9.残った紐を、浴衣と結んだ紐の間に挟み込みます。
10.浴衣のセンターがずれないように、たるんだ部分を脇へ動かします。
11.しわも脇に寄せ、衿を綺麗に整えます。
最後に鏡で全身をチェックし、気になるところを補正し完了です。