振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

トップ > 東郷町で【成人式の振袖】をお探しの方に無料プレゼント!!

東郷町で【成人式の振袖】をお探しの方に無料プレゼント!!

振袖選びで失敗しない秘訣とは?

振袖選び小冊子 表紙

このたび創業158年をむかえる呉服店の6代目店主により「振袖選びで失敗しないための5つの秘訣」が発行されました。

 

東郷町で成人式の振袖をご検討中の皆様に無料でお送りしておりますので、お気軽にご請求ください。

 

振袖小冊子の中身

B5版50ページ カラー 定価1,000円 ⇒ 小冊子代・送料ともに無料

 

 

この小冊子でおわかり頂けること 

  1. お振袖選びの現状
  2. 成人式「今と昔」の違い
  3. 失敗しないお店えらびのコツ
  4. 買ってはいけない振袖ショップを見極めるポイント
  5. 業界の人しか知らないウラ事情
  6. 上手な振袖の選び方

 

小冊子の申し込みはコチラ

は必須項目

郵便番号
例)123-4567
発送先住所
例)愛知県名古屋市○○12-34
マンション名・ビル名
例)○○マンション001号室
お名前(フルネーム)
例)山田 華子
電話番号
(携帯でも可)

例)000-000-0000
メールアドレス
例)sample@xxx.com
お嬢様の成人式を迎える年
ご希望資料
(複数可)
ご質問

 

 

成人式の振袖なら「きものやまなか」へ

 

きものやまなか 外観

 

振袖のご相談なら創業158年の振袖専門店「きものやまなか」にお任せください。

厳選された古典柄の振袖販売と、ママ振リメイクを取り扱っております。

 

詳しくは下記のページにて、ご案内しておりますので、どうぞご覧下さい。

 

新作振袖のお下見_バナー

 

ママの振袖リメイク バナー画像

 

振袖美人 インスタグラムバナー画像

 

きものやまなか会社概要

 

 

東郷町でいちばん輝く振袖美人に

 

 

振袖専門問屋「きものやまなか」では 東郷町の皆さまに高品質の古典柄振袖を問屋価格にて小売り販売しております。

また「お母様の振袖」を甦らせる「ママ振リメイク」は 年間200枚以上を取り扱っており、愛知・岐阜・三重の東海3県でナンバーワンの実績を誇ります。

創業より152年かけて築き上げたノウハウで、他とは違う「貴女だけの成人式」をお客様と共に創り上げて参ります。

 

「きものやまなか」振袖美人

こちらのお写真は すべて当店にて振袖をご購入頂いたり、ママの振袖をリメイクさせて頂いたお嬢様です。

 

 

「きものやまなか」のお客様の写真は、現在フォロワー数1万人を超える「公式インスタグラム」でも御覧いただけます。

お気軽にフォローして頂き、コーディネイトやヘアスタイルの参考にしてみて下さい。

 

公式インスタグラム

 

 

メディア掲載実績

「きものやまなか」の成人式に関する長年の取り組みは、多くのテレビや新聞などのメディアに取り上げられております。

 

きものやまなか中日新聞掲載記事

中日新聞【夕刊】平成23年1月8日

 

 

NHK「ほっとイブニング」平成25年1月7日

 

 

名古屋テレビ「ドデスカ!」平成27年1月14日

 

 

28年01月中日新聞2_580中日新聞・東京新聞 平成28年1月11日

 

「やまなか」メディア掲載実績

 

 

 

LINE@ お友だち募集中!

「きものやまなか」の公式LINE@ のアカウントを「友だち追加」して頂いたお客様には 振袖のイベント情報や、成人式に関するお役立ち情報を定期的に発信しております。お気軽に友だち申請して下さい。

 

友だち追加

 

 

 

東郷町の成人式

 

成人式01_430

 

東郷町の成人式を機会に着つけも知ってみませんか?

日本人の民族衣装といえば着物ですが、道行く人を見てもなかなか着物を着ている人を見かけませんね。
かつては、正月になると親族が着物を着て集まることもあったようですが、昨今はそれも少なくなってきているとか。

そんな背景もあって、毎年小正月のちょっと前に行われる成人式は、和服を着た女性たちの華やかさが目立ちます。
ちょっと前まで少女のようだった女性たちが、着物を着て式典に臨む様子は凛としてカッコよく見えます。
緊張した面持ちで臨んだ式が終わった後の、晴れ晴れとした表情もまた、魅力的です。

名古屋市緑区に隣接する東郷町でも、毎年、成人式が行われています。
平成27年の成人式は東郷町民会館ホールで、1月11日(日)の13:30から(受付12:30)予定されていますね。

東郷町の成人式は式典の後、記念撮影が予定されています。
この一生にのこる記念撮影、実は、普段着なれない「きもの」で失敗してしまう人も珍しくありません。

和服は、普段の洋服と同じように動いていると着くずれを起こしてしまいます。
車の乗り降り、トイレ、階段…など要注意です。
普段より小股を心がけて歩くのもポイントですね。

この着くずれ、動作に気を付けるだけで結構防げるものですが、普段、着物を着なれていないとなかなか難しいようです。
ましてや、久しぶりに集まった友人と盛り上がってしまうと、うっかりしてしまいがちになります。

でも、だからといって、成人式の記念写真によれよれの晴れ着姿では写りたくないですね。
そのためには、ちょっとした着くずれなら自分で直せるようになっておくことがおすすめです。

着付け教室に通うことができればベストですが、呉服屋さんで着物を買うとき、着付けの打ち合わせをするときなど、振袖のプロと話す機会を利用し、聞いてみるだけでも違うはずです。
前撮りの予定があれば、その時に教えてもらうのも手です。

成人式の後は再開した友人と思い出の場所を回ってみるのも、おもしろいものです。
懐かしの中学校や青春の思い出の地(?)愛知池、しっとりと祐福寺など着物を着て行ってみると、これまでと違った景色が見えるかもしれませんよ。

きもので出歩くと、当然、着くずれしてしまいますので、やはり、ここでも活躍するのが着付けの知識です。
友達からもお願いされるかもしれませんね。
ぜひ、成人式を機会に振袖を楽しんでくださいね。