振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

 

昔の成人式

 

 

こんにちは。名古屋のママ振り専門店「きものやまなか」の山中邦彦です。

本日もママ振袖のコーディネイトの事例をご紹介します!

 

こちらのお写真は、昭和区にお住まいの本田さまのお母様の成人式のお写真ですが、染織作家 木下茂森先生の作品で、当時としてはとてもモダンでスッキリとした柄ゆきです。

重みのある生地に、木下先生独特の世界が描かれています。

 

今回は、こちらの振袖をお嬢様用にコーディネイトをさせて頂きました。

 

ママ振袖_青コーディネイト

 

お着物が持っている雰囲気を壊さないように、余分な色を使わず、シンプルにまとめています。お嬢様にとってもお似合いですね!

 

さらに3年前には、お姉さまもこの振袖を着て成人式にご出席されました。

前撮りの時の家族写真がコチラです。

 

 

ママ振りの家族写真画像

 

 

ご家族写真もステキですが、お母様・お姉さま・妹さまの3人が、この振袖で成人式をお迎えになったことになります。

 

このように最近では、姉妹で「お母様の振袖」を着るお客様が増えており、ご家族全員で思い出を共有できる点が「ママ振り」の良い点です。

 

また、お姉さまと妹様の好みが違う場合は、すこしだけ小物を変えてあげると、それぞれのお嬢様に合ったコーディネイトが可能ですので、ご希望の方はお気軽にご相談ください!

 

それでは、ママ振りのご相談お待ちしています!

姉妹で成人式前撮り

 

 

ママ振りのご相談はコチラ

 

ママ振コーディネイトの事例

 

 

インスタバナー

 

 


「ママ振袖リメイク」講座メルマガ登録
お名前(姓)  *  (例)山中
メールアドレス  *

 

 

2019/03/31

「おすすめ振袖ブログ」BEST7

ブログを見る人のイラスト

最近は、振袖選びの情報をインターネットで集めるお客様が増えてきました。

 

その際、ホームページだけでなく、お店の店主や店員さんが書いているブログ記事も皆さんご参考にされるようです。

 

本日は、振袖選びに役立つ人気の「おすすめ振袖ブログ」をご紹介したします。

 

 

TAKAZEN スタッフブログ

関西を中心に、6店舗のお店を展開しているTAKAZENさん のスタッフブログです。

 

「世界一かわいいハタチになる」をコンセプトに、ご来店されたお客様の振袖姿がたくさんアップされています。

とくに、今どきのモード系・カワイイ系のお写真がたくさんアップされているので、ご参考にしてみて下さい。

 

TAKAZEN スタッフブログ

 

ICHIKURA マガジン

こちらは、全国に店舗を展開する振袖チェーン店 一蔵さん の振袖選びに関するサイトです。

 

こちらは、ブログと言うより振袖選びに関する情報サイトとなっています。

はじめて振袖選びをする方にもわかりやすい内容になっています。

 

ICHIKURA マガジン

 

キモノハーツ ブログ

全国で10店舗を運営している キモノハーツさん のショップブログです。

それぞれのお店のお客様のコーディネイトや、新作振袖の入荷情報・キャンペーンなどの情報が掲載されています。

お店の雰囲気もわかるので、お下見のご予定の方は、参考になると思います。

 

キモノハーツ ショップblog

 

My振袖ブログ

こちらは My振袖ドットコム が運営しているブログです。

 

このサイトは、全国約2,500店舗の振袖ショップ・写真館が登録している日本最大の振袖ポータルサイトで、お住まいの地域の振袖ショップ情報をご覧頂けるだけでなく、カタログ請求や来店予約まで出来てしまう便利なサイトです。

 

こちらのブログも、振袖の選び方・ノウハウ・価格に関する情報が多いので、ご参考にしてみて下さい。

 

My振袖ブログ

 

Ondine Magazine

全国にお店を展開する振袖ショップ Ondine(オンディーヌ) さん が運営するブログです。

 

それぞれの店舗に入荷した新作振袖やコーディネイト、ヘアスタイルに関する情報がまとめ記事として掲載されています。

 

もしお店に行く前に、どんなコーディネイトをしてもらえるか知りたい方は、ご覧になってみると良いと思います。

 

Ondine Magazine

 

「きもの専門店キステ」なんでもお役立ちブログ

こちらは、着物や和装商品の通販サイトを運営する こだわりきもの専門店Kissteさん のブログです。

 

このブログでは、振袖に関する記事以外に、訪問着・黒留袖・袋帯・草履バックなどの和装に関するあらゆるジャンルのご相談内容がブログとしてまとめられています。

 

和服に関して幅広く知りたい方におススメのサイトです。

 

「きもの専門店キステ」お役立ちブログ

 

 

「きものやまなか」ママ振袖ブログ

 

きものやまなか ママ振袖ブログ

 

さて最後は、弊社の「ママ振袖ブログ」です。

「お母様の振袖」のお直しや、帯や小物のコーディネイトに関するノウハウを、実際の当店のお客様のお写真をまじえながら解説しています。

 

「きものやまなか」ママ振袖ブログ

 

「母親の振袖」を上手にお着せする方法

 

また当店にて振袖を購入したり、ママ振りのアレンジをさせて頂いたお客様の写真は、フォロワー10,000人を超える公式インスタグラムにアップしていますので、コーディネイトの参考にしてみて下さい。

 

 

振袖選びのポイント

 

 

インスタバナー

 

2019/03/24

既婚者ですが、振袖を着たいです・・・

若い女性_疑問イラスト

「振袖は未婚者の着物」ということは、ご存知の方が多いかと思いますが、すでに結婚をされた方から「振袖を着たいのですが・・・」というご質問をたまにお受けします。

 

このご質問では「成人式への出席」「結婚式への出席」の2つのケースで多いので、お答えさせて頂きます。

 

 

「成人式への出席」

新成人イラスト

【ご質問】

来年 成人式に出席しますが、現在 私は結婚しています。「結婚したら振袖は着れない」と、どこかで聞いたのですが、振袖を着たらダメでしょうか?

 

【お答え】

これについてのお答えですが、20歳の時にすでに結婚されていても、振袖を着て成人式に出席するのは、まったく問題ありません。

 

振袖には、たしかに「未婚者の着物」という意味もありますが、同時に「二十歳の女性の晴れ着」としての意味もあり、その場合 結婚しているかどうかは関係ありません。

 

これは、お母様の時代(20~30年前)からすでにそうであり、私の頃の成人式(約25年前)でも、既婚者の同級生の女の子が振袖を着て出席していました。

 

今の時代においても、新成人がたくさん集まる大きな会場でしたら、振袖を着た既婚者の方が何人かいらっしゃるはずで、当店でも毎年、ご結婚されたお客様が振袖を着て成人式に出席されています。

 

つまり、今の日本において 二十歳の女性が既婚・未婚にかかわらず、成人式で振袖を着るというのは、しっかりと文化として定着しています。

 

そんな中、もし「結婚している人は、成人式で振袖を着ることはできない」なんて事になったら、それこそ今の時代、既婚女性に対する差別として大変な問題となるでしょう。

 

成人式で振袖を着ることは、日本に生まれた全ての女性の特権ですので、ご出席される際は、ぜひお気に入りの振袖を着て、久しぶりに再会するご友人と楽しい時間をお過ごし下さい。

 

「結婚式への出席」

新郎新婦_400

さて一方、結婚式へのご出席についてですが、基本的には「既婚者が結婚式で振袖を着るのはNG」とされています。

 

(ただ花嫁さまが、お色直しの衣装として振袖を着る事はよくあります ⇒ その時のブログ記事

 

とくにご親戚関係の披露宴では、多くの方が、あなたが結婚しているかどうかをご存知なはずで「えっ?○○ちゃん、たしか結婚してるはずじゃ・・・」と、まわりの方(とくにご年配の方)に、誤解やマナー違反という悪い印象を与えかねませんので、振袖を着るのはやめておかれた方が良いでしょう。

 

そしてもし、既婚者の方が、ご親戚の結婚式で和服を着るのであれば、黒留袖・色留袖・訪問着のいずれかを着ることが多いです。(どの着物を着るかは、他の方とのバランスもありますので、ご相談してからお決めください)

 

ただ一方で、次のようなご質問をお受けしたこともあります。

 

【ご質問】

現在23歳で 2ヵ月前に結婚したのですが、今月 友人の結婚式に出席します。

購入したこの振袖をとても気に入っていたのですが、まだ成人式と卒業式の2回しか着ていません。

結婚して間もないですし、友だちもみんな振袖を着るというので、私も最後にもう一度着てみたいです。ダメでしょうか?

 

このケースでは、ご質問者が

● 23歳とお若い

● 結婚してから 2ヵ月しかたっていない

● 友人として出席

● 他の友人も振袖を着る

 

などの点を考えると、おそらく会場で、その方が結婚されているかどうかを知っているのは、同じテーブルの親しい友人と新郎・新婦さまぐらいでしょう。

 

また、ご友人も一緒に振袖を着るという事で、はたから見ても「まぁ~ 若いお嬢さんたちが振袖を着て華やかねぇ~~」ぐらいにしか見えず、全く違和感がないと思います。

 

当店でも同じようなケースで、振袖を着たお嬢様がおられましたが、とくに何の問題もなく、逆に新郎・新婦からも会場が華やかになったと喜ばれ、まわりの方にも褒めてもらえたとお話しされていました。

 

つまり大切なのは、他の方があなたの振袖姿を見て、違和感や不快感を感じるかどうかであり、その心配がないのであれば、わたくし個人的には、既婚者が結婚式で振袖を着てもとくに問題はないと思います。

 

今回のブログは以上ですが、振袖に関するご質問がございましたら、下のメールフォームよりお問い合わせ下さい。

 

お名前
例)山田 花子
メールアドレス
例)sample@xxx.com
電話番号
例)000-000-0000
お問い合わせ内容