振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

2018/01/04

振袖を着るときによくある【6つのトラブル】

 

成人式イメージ02_450

 

さて 間もなく成人式ですが、皆さまご準備は万全ですか?

 

本日は 成人式に振袖を着たよくある6つのトラブルをまとめてみましたので、これから式をお迎えになる方は、ご参考にしてみて下さい。

 

① 草履の花緒が痛くて歩けない

② 足袋が履けない

③ 汚れやシワ付いている  

④ 半衿をつけていない

⑤ 式の途中で気分が悪くなる

⑥ 成人式当日が 雨または雪

 

 

① 草履の花緒が痛くて歩けない

草履の鼻緒_痛い_430

 

ふだん草履を履くことが少ないお嬢さまが、ぶっつけ本番で草履を履くと、鼻緒が痛くて歩けないことがあります。

 

振袖をレンタルにした場合は、いろんな方が履いた後なので、そこまで痛い事は少ないのですが、新品のお草履だった場合 このトラブルが多くみられます。

 

もし、そのお草履を初めて履く方は 成人式前にその草履をはいて、ご近所一周ほどしてみて下さい。最初は痛いかもしれませんが、歩いていると自然と鼻緒が伸び、足にフィットしてきます。

 

それでも痛い方は 鼻緒のを少し引っ張ると、少しは楽になると思います。

ただ、あまりやり過ぎると 逆にゆるくなってしまう事もありますので 気を付けてください。

鼻緒が切れた草履

あと、お母様の時のものや 30年以上も前の古い草履を履くときは、歩いている途中で突然 鼻緒が切れてしまう事もあります。

 

これは鼻緒の内部が劣化しているためで、切れる可能性があるかどうかは、私でもパッと見ただけでは 正直わかりません。

 

鼻緒がいったん切れてしまうと 草履職人でも応急処置が難しく 本当に最悪ですので、ママ振を活用する場合でも、草履に関してだけは出来るだけ新しい御品をご用意された方が良いと思います。

 

 

② 足袋が履けない

 

足袋

 

この「足袋が履けない」という意味は、足袋の履き方を知らないというのではなく「足のサイズが大きくて履けない」という意味です。

(履き方については 着付けの方に教えてもらったり、友達の見よう見マネで何とかなるものです。)

 

通常 足袋は クツのサイズでお店の方に用意をしてもらうのですが、足の横幅・こうの高さ・足首回りなどが 大きく太い方が 試着をせず当日いきなり履くと、コハゼ(足袋のかかとの部分に付いている金具)が 紐にかからない事があります。

 

そのため 準備してある足袋をまだ一度も履いてない方は、成人式前に一度試し履きをしておくことをおススメします。

 

足袋サイズ_ゆたか型

 

ちなみ 足首回りが太く、甲が高めの方には「ゆたか型」「ふっくら型」と呼ばれるゆったりタイプの足袋もメーカーによってはございます。ただこのサイズを 在庫として常においているお店は少ないので、必要な場合は早めに注文しておきましょう。

 

福助足袋のサイズについて

 

 

③ 汚れやシワ付いている  

 

振袖_染み01_380

振袖の染み

 

毎年の事なのですが 成人式間際になると、

 

「振袖の染み抜き、成人式に間に合わせてくれませんか?」

「シワがひどいので、プレスだけでも大至急でやってもらえませんか?」

 

というお問合せがあり、成人式前日や当日にもお電話がかかってきます。

 

しかし、和服の染み抜きやプレスは お洋服以上に時間がかかり、残念ですが「やまなか」でも毎年20件ほど、このようなご依頼をお断りしています。

 

このようなトラブルが 増えてきている原因は、和服をたためない方が増えてきているからで、いったん広げてしまうと元のように畳めないので、早く確認しておかなければいけないと分かっていても、何となく先延ばしにしてしまうからです。

 

とくに、ママ振りなど古いお着物を成人式に着用する際は、早めにチェックが必要です。

遅くとも成人式の2か月前には、ご自分で確認するか、専門の方に見てもらいましょう。

 

振袖の染み抜き・プレス加工

 

 

④ 半衿をつけていない

 

刺繍半衿

長襦袢に縫い付けた状態の「刺繍半衿」

 

これは「半衿をつけておく事を忘れてしまった」とういう意味ではなく「半衿を前もって長襦袢に縫い付けておかなければならない事を知らない」もしくは「そもそも半衿が何のことを指しているのか分からない」という意味で、成人式当日に着付けをする美容室さんや着付師の方からよくお聞きします。

 

もし 半衿が付いてない場合は、当日慌てて縫い付けなければならず、お店の方にも迷惑をかけてしまいます。

 

振袖に限らず 和服を着用する際は、長襦袢の襟元に「半衿」と呼ばれる布を縫いつけておかなければいけないので 覚えておいて下さいね。

 

また 美容室で着付けをお願いする際は、成人式前に振袖一式を持って行き、ヘアスタイルや帯結びの打ち合わせをするケースが多いので、半衿がついていない場合は有料であっても、前もって縫い付けてもらった方が得策です。

 

 

刺繍半衿450

 

さてこの半衿ですが、最近は当店でも ほとんどのお客様が、上のようなカラフルな刺繍半衿をお選びになります。

 

もし 今ついている半衿が汚れていたり、刺繍がついた豪華な半衿に新しく変えたい場合は、早めに呉服屋さんでみてもらいましょう。

 

 

⑤ 式の途中で気分が悪くなる

着付けイラスト

このトラブルの原因については 2つ考えられます。

 

A. お嬢様ご自身の体調が良くない。

B. 着付けがあまり上手でない。

 

成人式は行われる時期は、年間でも一番冷え込む時期で 風邪ひいていたり、朝も早いので 寝不足のため 体調が優れないお嬢様もいらっしゃいます。

 

どうか前日は早めにお休みになり、体調をしっかり整えて式にお出掛け下さいね。

 

あと 着付けに関しては、これはもう「上手な方に着付けてもらう」という事しか対策がありません。

しかし成人式当日は、日本中の二十歳のお嬢様が一斉に振袖を着るため、同時に日本中の着付師が一斉に動員されます。

 

もし上手な方に当日着付けてもらいたいのであれば、早めに上手なお店を予約をして、ベテランの着付師の方にお願いしておきましょう。

 

成人式の着付け美容室 一覧

 

 

⑥ 成人式当日が 雨または雪

天気_雨雪

 

さて 一番厄介なのが、このお天気です。

成人式のお天気がどうなるかは、神様にしかわかりません。

 

ただ 多少の雨や雪なら、パールトーンガード加工という撥水加工を振袖や帯にかけておくと、ある程度はじいてくれます。

 

パールトーン加工400

 

パールトーン加工について詳しくはコチラ

 

 

振袖用雨コート

 

ただドシャ降りの場合は、振袖用の雨コートというのもあります。

 

 

振袖用雨コート02_350

 

ビニール素材でできており、2部式(上下別れてる)になっています。

 

ただ、これだけではどんな感じか分からないので、某44歳のオジサンに着てもらいました。

 

 

振袖用雨コート03_380

 

 

うっ・・・・ ビミョーですね。

 

まるで ブラジルのコルコバードのキリスト像みたいだ。

 

 

ブラジル_コルコバードのキリスト像

 

 

しかし 背に腹は代えられません。

大切な晴れ着が、びしょ濡れになってしまうよりマシです。

 

お天気がご心配な方は そんなに高くはありませんので 御準備しておいても良いかもしれません。

 

 

さあ、以上が「成人式でよくあるトラブル」ですが、成人式をお迎えになる方のご参考になればと思います。

 

それでは、皆様の成人式が思い出に残る素敵な一日になる事を祈っております!

どうかお天気になりますように。

てるてる坊主

 

 

 

失敗しない振袖選びのポイント_500

 

 

 

インスタバナー_500

 

 

 

2018/01/01

 

2018年(平成30年)_インスタ修正_520

 

新年あけましておめでとうございます。

 

今年も皆さまにとりまして 笑顔のたえない幸せな一年になります事を願っております。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

 

きものやまなか 6代目 山中 邦彦

 

【年末年始 休業期間の お知らせ】

12月29日(金) ~ 1月4日(木)までの7日間は お休みとなります。

1月5日(金)より営業いたしますので宜しくお願いします。

 

1712_年末年始カレンダー02_530

ママ振の小物レンタルサービスとは?

 

振袖用帯締め_01_450

 

 

「お母さまの振袖」を着てご出席されるお嬢様が増えていることは、皆さまもうすでによくご存じかと思いますが、最近 ママ振りの 小物レンタルサービス を利用される方がいらっしゃいます。

 

この「ママ振り小物レンタル」とは、振袖は お母様の晴れ着をそのまま使い、小物だけをレンタル(借りる)というプランです。(ちなみに「やまなか」では、小物のレンタルはしておりません。)

 

このプランの魅力は、もともとお値打ちな「ママ振リメイク」が、小物をレンタルにする事により さらにお安く済むという点です。

 

新作の購入・レンタル・ママ振の平均相場は?

 

このプランを取り扱っているお店の多くは、私共のような呉服店系のお店ではなく、写真館系貸衣装店系のお店に多いのですが、ここ最近 他店で「ママ振り小物レンタル」を利用しようとしたけど、満足できなかったため「やまなか」に再びコーディネイトの御相談でお越しになるお客様が 後をたちません。

 

私としても「お母様の振袖」で成人式に出席されるお嬢様が増え、いろいろなお店がママ振りに取り組んで頂けるのは嬉しい限りですが、お店やプランによっては後悔されるお客様がいらっしゃる事はたいへん残念です。

 

そのため今回は、ママ振の小物レンタルサービスを利用するにあたって気を付けておきたい事を書きたいと思います。

 

ママ振の小物をレンタルにして後悔した理由

 

困った主婦02_300

 

小物のレンタルサービスでは気に入らず「やまなか」でリメイクをやり直したお客様に直接 お話しを伺うと、不満だった理由は大きく分けて次の2つです。

 

① 小物のクオリティが低く、コーディネイトが気に入らない。

② 成人式以外でママ振りを着る事ができない。

 

では具体的に、どんな点がご不満だったのでしょうか。詳しく解説していきたいと思います。

 

① 小物のクオリティが低く、コーディネイトが気に入らない。

レンタルか購入か400 「ママ振の小物レンタル」を利用されるお客様の多くが 初めてのことなので、買うのもレンタルするのも同じような小物がついてくると 最初は思っておられます。

 

しかし実際お店に行ってみると、レンタル用の小物は素人目にみても クオリティが低く、パールやレースがついた現代風のものばかり。点数やバリエーションも少なく、ビックリされたそうです。

 

とくに 当時100万円以上で購入されたような 高額なお母様の振袖に「そんな小物を合わせるのか・・・・」と、思わず絶句するようなチープなコーディネイトをされていることもよくあり「そのお着物が持っている良さ」を見事なまでに消し去っているお写真を今まで何度も見せてもらいました。

 

さらに、コーディネイトにかける時間は平均20~30分程度で、お店によってはレンタル用の小物が5点ほどしかなく、10分で終わってしまったというお話も伺いました。

 

ホームページやダイレクトメールには「経験豊かな専門スタッフが丁寧にアレンジします!」と うたってあったので、それを信用しお客様はお店に行ったそうなのですが、和服の事をまったく知らないお客様から見ても、コーディネイトに関しては 明らかに経験が少ない店員さんだったようです。

 

こういったご不満は、フォトスタジオ・写真館系のお店で小物レンタルされたお客様からよくお聞きするのですが、やはり写真が本業のため 撮影に関してはプロであっても、小物の品揃えやコーディネイトまでは なかなか行き届かないようです。

 

さらに ママ振りを着る上で大切な「染み抜きやサイズに関する御相談」は、ほとんど見てもらう事ができず、かりにお願いしても「これ位なら、このままで大丈夫だと思いますよ~」みたいな感じで軽く流されるケースが多いようです。

 

ただ 私があらためて拝見させて頂くと、汚れやサイズに関しても直しておいた方が良い箇所が何か所も見つかり「これのどこが大丈夫なのだろうか・・・」と思ったことが一度や二度ではありません。

 

 

振袖小物アレンジ500

 

 

ちなみに 小物レンタルをしていない「きものやまなか」の場合、帯揚げ・帯締め・刺繍半衿などのコーディネイトには、汚れやサイズの確認も含めると、2時間30分以上の時間をかけ、300種類以上ある最新の小物の中から お嬢様が一番キレイに見える御品を決めていきます。

 

時間に関しては、お嬢様・お母様・お父様・おばあ様など ご来店頂いた全員が納得されるまで 私はやめませんので、3時間以上かかる時もあります。(そのため一日3組までの完全ご予約制になっています。)

 

このように 小物アレンジへの取り組み方や品揃えは そのお店によって様々ですので、予算を出来るだけ抑え、小物のコーディネイトに特にこだわりがないのであれば レンタルされるのも良いかと思いますが、そうでないのであれば色々なお店を比較してみる方が良いでしょう。

 

「やまなか」のママ振コーディネイト

 

 

② 成人式以外でママ振を着る事ができない。

 

「お母様の振袖」を着ることには、

● 新たに着物を買わなくていいので お値打ちに済む。

● お友達の振袖とカブる可能性が ほとんどない。

● 親子3代で 成人式の思い出を共有できる。

 

など たくさんの良い点がありますが、その中でも大きなメリットとして「成人式以外で何度も着ることができる」という点が挙げられます。

 

 

新郎・新婦イラスト_450

 

昔に比べると結婚式などで振袖姿を見かけることが 少なくなったのは事実ですが、この一番の原因は、成人式を貸衣装で済ます方が増えてきたからで、けっしてお若い方々の和服に対する興味や憧れがなくなってしまった訳ではありません。

 

実際「やまなか」のお客様のように、お手持ちの振袖をきちんと活用された方は、成人式後も結婚式・パーティー・初詣・卒業式など、お嬢様がお嫁入りされるまで何度も振袖を着用されます。

 

成人式以外で振袖を着ることができるのはどんな時?

 

しかしいったん 小物をレンタルにしてしまうと、成人式が終わった後 ふたたび振袖を着ようと思っても、小物はすでに返却しているため、呉服屋さんで新たに買い直すか、結局は面倒になってしまい ドレスなどのお洋服で出席するケースがほとんど。

 

その後、お母様の振袖は「タンスの肥やし」として永遠に眠りつづけ、二度と日の目を見る事はありません。

 

そのため、小物だけの買い直しで御来店された多くのお客様が「こんな事なら成人式の時にいいのを買っておけば良かった。。。」と口を揃えておっしゃいます。

 

このような点から「成人式以外で振袖を着る事はゼッタイにない」という方であれば、小物をレンタルされても良いと思いますが、お母様の振袖に想い入れがあり、これからもこの着物を大切に活用されていきたいのであれば、その着物のあった帯揚げや帯締めなどをご購入されておく方が良いと思います。

 

さて、以上がママ振りの小物レンタルについての解説でしたが、どのプランが皆様にとって最適なのかは、その方の成人式に対する意識や、思い入れ・着用頻度などによって変わってきますので、お嬢様と相談して検討してみましょう。

 

お客様のご紹介

 

さて、本日も「ママ振り」を上手に活用された「やまなか」のお客様のご紹介です。

まずは お母様の時のお写真からどうぞ!

 

H28稲熊さま_お母様の写真_400

 

白地で絞り入りのとても素晴らしい振袖でしたが、御品を拝見させて頂いたところ、白地の部分や裏地まで かなり変色が進んでいました。

 

お嬢様とお母様のご身長も違うため、今回のケースでは 振袖を全部ほどいて反物に戻し、きれいに汚れを落としてから、お嬢様のサイズに仕立て直す作業をいたしました。

 

裏地の変色がひどい場合の振袖のお直し

 

もちろん、帯揚げ・帯締め・髪飾りなどの小物もお嬢様用にあらたに購入して頂きました。 出来上がったお写真がこちらです!

 

 

IMG_0940_修正済498

 

笑顔がステキなとても可愛いお嬢さまでしたが、変色や汚れもきれいになり、新品同様のお美しい着姿となりました。

 

そして今回は、小物だけでなく帯も新しくして頂きました。

帯は 着物の次に着姿に占める割合が大きく、変わり結びにしますので 後ろ姿がとても華やかになります。

 

 

 

 

こちらのお写真を「やまなか」の公式インスタグラムに掲載したところ、あっという間に1,000を超える「いいね!」と たくさんのコメントが寄せられ、まさに今流行りのインスタ映え状態ですっ (お気軽にフォローして頂けると嬉しいです!)

 

さらにこちらのお嬢様は、成人式だけでなく、お兄さまのご結婚式にもこの振袖を着用され、卒業式の袴姿にも合わせるご予定です。

 

このように、その振袖に合った小物や帯を揃えておけば、昔のものとは思えないほど 美しい着姿で お写真をたくさん残すことができ、成人式以外で何度も着ることができます。

 

「成人式は お母様の振袖で」とお考えの方は、このブログに掲載しているたくさんのお客様の事例を御覧になりながら、ぜひ思い出に残る成人式をお迎え下さいね。

 

 

インスタバナー_500

 

 

お母様からの御感想

お客様の声_H28_稲熊久江さま_580

 

 

お母様の振袖をお着せする方法

 

ママ振リメイクの御相談はコチラ

 

お名前(苗字)
メールアドレス

 

 

失敗しない振袖選びのポイント_500