振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

 

着物新聞53号表
 

 

さて 先日のブログでも お話させて頂いたとうり、間もなく開催される 長者町えびす祭り にて「きものやまなか」は リサイクル着物を出品いたします。

 

このリサイクル着物とは いわゆる中古品のことですが、最近 若い方を中心にとても人気です。

 

この人気の理由は、なんといっても その安さ。

 

新しいお着物と比べると 0(ゼロ)が ひとつどころか、2つ、場合によっては 3つ少ない金額でお買い求め頂けます。

 

もちろん 中古品ですので、

 

● 汚れや変色がある
● サイズが合わない

 

などのデメリットもありますが、上手に掘り出し物を見つければ 大島紬や有名メーカーの帯なども、ビックリ価格で手に入れることができます。

 

また ご自分で手芸をされる方には、お人形や小物の「材料用のハギレ」としても人気があります。

 

普段「やまなか」では、新品のお着物しか 取り扱っておりませんが、この2日間のみ「リサイクル着物 特別販売会」を開催いたしますので、えびす祭りにお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

 

 

リサイクル着物

 

 

《 出品予定 リサイクル着物 》

●大島紬 ●紬の着物 ●小紋 ●コート 

●袋帯 ●名古屋帯 ●ハギレ ●小物

 

 

25年05月やまなか地図600

【 名古屋市営地下鉄 】
「伏見駅」 ①番出口より歩いて5分
「丸の内駅」⑤番出口より歩いて5分  ⇒ 詳しいアクセスマップ

 

長者町えびす祭り

 

 

さて間もなく 毎年恒例の「長者町えびす祭り」が開催されます。

 

今回で 13回を迎える このお祭りですが、今年は英傑行列の名古屋まつりと同日となり、あいちトリエンナーレも 長者町会場にて開催されています。

 

そのため、この2日間 長者町は 3つのイベントが重なり、えびす祭り始まって以来のスゴい人手に なるのではないでしょうか?

 

2013『長者町 えびす祭り』

とき:10月19日(土)・20日(日)
時間:午前10時~午後5時( 20日は 午後4時まで )

 

この「えびす祭り」では、

● 繊維問屋を中心としたフリーマーケット
● トリエンナーレ参加アーティストによるパフォーマンス
● 長者町の飲食店による特選グルメ屋台
● 長者町の歴史を感じる”長者町カルタ”大会
● 長者町アート山車練り歩き

 

など、たくさんのイベントが 企画されており、今からとっても楽しみです!

 

そして「きものやまなか」では えびす祭り期間中、普段は取り扱っていない リサイクル着物を販売いたしますので、長者町へお越しの際は ぜひお立ち寄り下さい!

 

 

えびす祭りイベント

 

 

えびす祭り イベントスケジュール

19日えびす祭りスケジュール
 20日えびす祭りスケジュール

 

長者町グルメ屋台メニュー

2013えびす祭り_グルメ屋台

 

えびす祭り 会場地図

 

えびす祭り会場地図

● 地下鉄「伏見駅」①番出口「丸の内駅」⑤番出口より 歩いてすぐ

 

【 ご注意 】
当日は 長者町通り・袋町通りともに歩行者天国となり、お車での進入ができません。また近隣のコインパーキングも常に満車ですので、必ず 地下鉄や市バスなどの公共の交通機関にてお越し下さい。

 

「えびす祭り」公式サイト

 

名古屋の呉服店「きものやまなか」です。

 

成人式に「お母様の着物」を着る方が増えていることは、このブログで 何度もお伝えしていますが、お嬢様ご自身は どんな お気持ちなのでしょうか?

 

以前なら、

 

「え~~~っ みんな “今どきの振袖” 着てるのに~ 私だけ ママのお古なんて、絶・対・ヤ・ダっ!!!」

 

なんて感じが 多かった気がします。

 

そのため、帯や小物を 必死にアレンジして お嬢様に 納得していただくまで、かなり大変でした(笑)

 

名古屋の方には「お嫁入りの着物」をはじめ 他の人より 豪華で派手に という考え方が あり、他には負けたくないという気持ちが 根強くあります。

 

そのため、お母様の時代には、

 

「お隣の 〇〇ちゃんは、80万円する 総絞りの振袖を 買ったらしいよ」

 

と聞けば、多少無理をしてでも それ以上の 晴れ着をそろえたものです。

 

しかし 最近では、

 

「ママの振袖 着てみたい!」

 

と、お嬢様の方から進んで、「ママ振り リメイク」を 希望されるケースが増えてきました。

 

これは「ママふり リメイク」が、新品購入・レンタルに次ぐ、3つ目の選択肢として、多くの方に浸透してきたからではないでしょうか。

 

「ママの きもの」なら、成人式の会場で、誰の着物とも カブりませんし レンタルよりも お安くすみます。

 

また「やまなか」に御来店される ほとんどのお嬢様が、私のブログなどで「お母様の晴れ着」が ステキに甦る事例を 御覧になっており「古くさい」というイメージは、ほとんど持っておられません。

 

そして中には、

 

「ねぇ~ 成人式が安くついた分、車かって♪」

 

と、ご両親に 上手におねだりをする「かしこい お嬢様」も 多数おみえです(笑)

 

母の着物

 

このように「昔のものを、大切にして使う」という考え方は、お母様だけでなく お嬢様の世代にも 広がってきています。

 

また、お母様のお気持ちとしても、以前なら ご自分が 新しい「きもの」を 買ってもらったのに、お嬢様には、お古を着せることに「後ろめたさ」を 感じる方も多くおられました。

 

しかし、最近では、何十年たった今でも、充分 着る事ができる 晴れ着をつくってくれた ご実家の おじい様と おばあ様に感謝し、

 

「娘の着物姿を 見せてあげ、おじいちゃん、おばあちゃんを 喜ばせてあげよう。」

 

というお気持ちのほうが 強くなっている様に感じます。

 

同じ「ママ振リメイク」でも、数年前と今とでは、お客様のお気持ちも 少しずつ変化してきています。

 

私としても、その時代に合ったサービスを 名古屋の皆様に御提供していきたいと考えておりますので、何か「こうしてほしい」という御要望がございましたら 是非ともお聞かせ下さい。

 

どうぞ宜しくお願い致します。 6代目 山中邦彦

 

母の振袖で成人式を迎える「お嬢様の気持ち」