振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

2017/01/01

2017新年のご挨拶03_550

 

 

新年あけまして おめでとうございます。

2017年が 皆様にとりまして 幸せ溢れる 最高の一年になります事を願っております。

本年も どうぞ宜しくお願い致します。

 

きもの やまなか 六代目店主 山中 邦彦

 

 

年末年始 休業期間のお知らせ

12月29日(木) ~ 1月4日(水)までの7日間は お休みとなります。

1月5日(木)より 営業いたしますので宜しくお願い致します。

 

 

 

ここ数年「お母様の振袖」を お嬢様用にリメイクして着用する事が ブームとなっておりますが「きものやまなか」は 名古屋で唯一の ママ振リメイク専門店として、この10年間で のべ 1,300枚以上の「ママ振り」を甦らせ、たくさんのテレビ・新聞・ラジオなどに取り上げて頂きました。

 

今回 これらの実績が認められ、この「ママ振リメイク」というネーミングが「きものやまなか」の商標登録として 特許庁より認められる事になりました!(わ~い、パチパチ

 

こちらが 特許庁より頂いた「ママ振リメイク」の商標登録証です!

 

 

ママ振リメイク 商標登録1

 

ママ振リメイク 商標登録2

 

 

「やまなか」は 6年程 前から 本格的にこのサービスに取り組み始め、今では 年間200枚以上の「ママ振り」の 染み抜き・サイズ直し・帯や小物コーディネイトやアレンジに関するご相談をお受けしております。

 

この「ママ振リメイク」の作業では、お客様が 長年そのお着物と一緒に歩んでこられた歴史や想いにふれる事ができ、新しいお着物を販売する以上に 呉服屋としてたくさんの経験をさせて頂きました。

 

「きものやまなか」が 今まで甦らせた「お母様の振袖」

 

「成人式はママ振りで」とお考えの皆様には、当社が今までお手伝いさせて頂いた お客様の事例を御覧いただき、「ママ振リメイク」への ご理解を深めて頂けたらと考えています。

 

それでは これからも、今まで以上に皆様のお役に立てるよう頑張りますので、成人式に関する御相談がございましたら、お気軽にご連絡ください。

 

 

ママ振リメイクの御相談はコチラ

 

新作振袖のお下見はコチラ

 

 

ママ振リメイクにおける「やまなか」のメディア掲載実績

「やまなか」の ママ振リメイクへの 取り組みは、今まで多くの テレビ・新聞などで取り上げられていますので、どうぞ御覧下さい。

 

中日新聞  平成23年1月8日 夕刊

 

「母の振袖リメイクブーム」に 火がつき始めた この頃「やまなか」で リメイクさせて頂いた 入谷敏代さま が 中日新聞に掲載されました。

 

 

NHK「ほっとイブニング」  平成25年1月7日(月)

 

 

この時の放送は、愛知・岐阜・三重の3県にて 約8分間 生中継され、実際に当店にて ママ振リメイクの お手伝いをさせて頂いた 岩佐紘花さま八谷璃菜子さま に 振袖姿で 出演して頂きました。

この放送を御覧になった方からは、一時つながりにくくなる程のたくさんのお電話を頂きました。

 

 

名古屋テレビ「ドデスカ!」 平成27年 1月14日

 

 

「ドデスカ!」の 全力リサーチのコーナー内で、今どきの成人式の傾向として「ママ振リメイク」をされる方が 増えてきている現状を、ご予算と合わせて ご説明させて頂きました。

 

「ママ振リメイク」商標登録 概要

● 登録 第5869512号

● 商標 「ママ振リメイク」

● 指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分  第37類・第40類

● 商標権者 合資会社 山中商店

● 出願番号 商願2016-02071

● 出願日 平成28年 2月26日

● 登録日 平成28年 7月29日

 

「ママ振リメイク」商標に関するお問合せはこちらまで

【電話】052-231-2705

【営業時間】午前10時 ~ 午後6時30分

【定休日】毎週 水曜/第2・4火曜

【担当】6代目店主 山中邦彦

 

「ママ振リメイク」無料メルマガ講座

なお「ママ振リメイク」に関して、もっと詳しくお知りになりたい方のために、お母様の振袖を着る上で「押えておきたい7つポイント」を全7回にわたり、無料で配信しております。ご希望の方は、下記のフォームより、登録をしてみて下さい。
 

「ママ振袖リメイク」講座メルマガ登録
お名前(姓) *  (例)山中
メールアドレス *

 

 

きものやまなかインスタグラム1万人達成

 

こんにちは。山中邦彦です。

12月に入り 肌寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしですか?

 

さて、平成27年2月に開設した「きものやまなか」の公式インスタグラムが、おかげ様で なんとっ!フォロワー1万人 を達成いたしました~ (わ~い、パチパチ)

 

インスタグラムを開設した時のブログ記事

 

このアカウントに掲載している 振袖姿のお嬢様は、すべて「やまなか」のお客様ばかりですが、プロのモデルさんや 芸能人以上に美しい方ばかり!

眺めているだけで、目の保養になっちゃいます

 

どうして「やまなか」のお客様はこんなに美しいのか?

 

最近は、インスタグラムを開設している 呉服店や貸衣装店・フォトスタジオが増えてきましたが、フォロワー1万人を達成した呉服屋さんは、全国でも「きものやまなか」が 初めてではないでしょうか!(他にいたら、ごめんなさい

 

この Instagram ですが、使っている年代・性別は、10~20代の女性が圧倒的に多く、すでに若い女性の3人に1人が スマホで楽しんでいるSNSです。

 

ちなみに インスタには、自分のアカウントのフォロワーの性別や 年齢構成を見る事ができる機能がついているのですが「きものやまなか」の1万人のフォロワー構成を見てみると・・・

 

 

インスタグラム 性別年齢構成350

 

 

やはり6割が女性で、18歳~24歳までの方が一番多いようです。

ちょうど、成人式をお迎えになるお嬢様の年齢ですね。

 

実際に「やまなか」にお越しになるお嬢様も、かなりの方が インスタのアカウントを持っておられ、当店のアカウントをフォローしてから、お下見予約をされる方が増えてきました。

 

「やまなか」のアカウントをフォローした後は、

 

● 当店が取り扱っている振袖の柄ゆき

● 帯や小物のコーディネイトの仕方

● 前撮り写真の仕上り具合

 

などを チェックされているみたいです。

 

また 御来店いただき、気に入った振袖をご購入された後も、成人式当日の髪型やメイクの参考にされたり「やまなか」のアカウントに掲載された ご自分の素敵なお写真を、LINEや Facebookで 友達に送ったり シェアしたりして、たくさんの方に見て頂いてるようです。

 

そして こんな今ドキのお嬢様たちの影響を受け、お母様方もインスタを始められた方が 結構いらっしゃいます。お母様たちも 時代の流れに乗り遅れないように大変ですね。

 

いっぽう 参考までに 男性の方も見てみましょう。

 

 

インスタグラム 年齢性別構成 男性350

 

 

男性陣は、ちょっと 年齢が上がります。

 

一番多い「25~34歳」ですと、お父様にしては すこしお若いので、おそらく美しい女性の写真を眺めていたい「お年頃の男性」ではないかと、私 勝手に推察しております。

 

でも 同じ男性として、そのお気持ちよくわかります(笑)

どのお嬢様たちも、本当にお綺麗ですからね~

 

このように、たくさんの方に見て頂いてる「きものやまなか」のインスタグラムですが、これからも 男性・女性の両方から支持される人気のアカウントにしていき、お客様の素敵な写真をご紹介していきたいと思っています。

 

もし、インスタグラムをされている方は、スマホから このお写真の右上の「+フォローする」をクリックしてみて下さい。

 

また インスタをされていない方も、緑色のボタンより 素敵なお写真を御覧いただくことが出来ますので、どうぞ!

 

 

 

 

「きものやまなか」インスタグラム

 

 

インスタグラムのフォロワー1万人を達成した3つの理由

さて「きものやまなか」のインスタグラムですが、おかげ様で 開設してから 2年弱の期間で フォロワーを1万人達成しました。

 

いったん写真をアップすると「いいね!」が、600~ 1,000つき、たくさんのフォロワーの皆様より コメントも寄せられます。

 

私自身も たくさんの「いいね!」をして頂くと、とても楽しく やる気が出ますが、今回は 呉服屋なりに この人気の理由を、手前ミソ的手法で 勝手に自己分析してみました

 

 

① 写真は プロのフォトグラファーが撮影

 

一般の方が インスタをする場合は、ご自分のスマホで撮影した写真を アプリで加工し、そのまま投稿することが多いようです。

 

そして、スマホからいつでも投稿できる その手軽さが、インスタグラムの人気の理由ですが、私の場合 自分のスマホで撮影した写真は ほとんど載せていません。

 

なぜなら、私は 振袖に関するプロであっても、撮影のプロではないからです。

 

ただ、みなさまに感動して頂けるお写真をご提供したいので、振袖のお見立てや 小物のコーディネイトは 私がしたお嬢様でも、撮影は 全てプロのフォトグラファーにお願いしています。

 

たとえば こちらのお写真は、いつもお願いしているフォトグラファーのひとり AK(i)さん のアカウントのお写真です。

 

 

 

 

やっぱり、プロの写真は違いますね~

 

「きものやまなか」のお写真がキレイなのは、こういう素晴らしいお写真を撮影されるプロのカメラマンに お願いしているからなんです。

 

こちらが AK(i) さんのアカウントです

 

そういう私も 年始のご挨拶のときに、一枚だけ自分で撮影した写真をのせてみました。

こちらが その時の写真。

 

 

 

 

どうでしょう、うまく撮れてますか?

私「ほめられて伸びるタイプ」なので、ウソでもいいから 賞賛のコメントお待ちしています。

 

② モデルはすべて「やまなか」のお客様ばかり

 

 

 

2番目の理由ですが、掲載しているお嬢様は すべて「やまなか」のお客様であるということ、つまり「素人さん」であるという点です。

 

これについては、以前こちらのブログ記事でも書いたのですが、

 

「やまなか」がお客様のお写真をのせている理由

 

お客様が お店を比較する上で、いちばん知りたいのは、

 

「実際 あなたのお店で 振袖を購入したお客さんは、どんな感じに仕上がったの?」

 

という点です。

 

ホームページや案内状で、自社の良い点ばかり謳ったり、芸能人やモデルさんの振袖姿をのせても、今の時代のお客様は、リアリィティーがある実績と証拠を、ご自分の目で確かめない限り、そのお店で振袖を購入される事はありません。

 

そしてその「リアリティー」が、プロのモデルさんでも出せない「本当の美しさ」を表現してくれます。

 

「やまなか」のアカウントのお写真には、運命の一枚と出逢えた お嬢様の喜びや、家族写真においては、お母様や おばあ様の想いも写し出されていますが、そういう「生の表情」が、成人式には関係がない 一般の方にも伝わり、フォロワーが増えてきたのではないかと思います。

 

 

③ 海外の方に大人気

さて 3番目ですが、写真を投稿したあとのコメント欄を見てみるとすると、こんな感じになっています・・・

 

 

インスタグラム コメント350

 

 

そうなんです、コメントに関しては、ほとんどが海外の方から。

 

私のアカウントのコメント欄は、このように 英語やフランス語、スペイン語など、たくさんの国の言葉で 埋め尽くされております(汗)

 

ちなみに、インスタグラムには、自分のアカウントが どの国の人達からフォローされているかも分かるので、のぞいてみると・・・

 

 

インスタグラム フォロワー 国別

 

1位は 日本ですが、アメリカ・インドネシア・ブラジル・イタリア など、様々な国の方々に フォローされているのがわかります。

 

そしてさらに 市区町村別で見てみると、1位は お店がある 名古屋市ではなく・・・

 

 

インスタグラム フォロワー 市町村別

 

 

なんとっ!!

1位 ジャカルタ (注:インドネシアの首都)

2位 バンコク (注:タイの首都)

 

そうなんです!

市町村別で見ると「やまなか」のアカウントは、東南アジアの皆さんにとても人気があるのですっ

 

そしてさらに 3位 大阪市のあとの4位は、Tehran ? ??

 

う~~ん、どこだ それ?

 

んっ? ひょっとして・・・

 

 

イランの首都テヘランってどこ?

 

テヘラン!!(注:イランの首都)

 

すご~い! イランって、中東ぢゃないですかっ!

これで「きものやまなか」も、いよいよ国際的になってまいりましたっ

 

このように 日本にとどまらず、世界の方々と交流できるのが、インスタグラムの素晴らしさでもありますが、海外の方からのコメントをみていると、私 ある事に気づきました。

 

それは、

 

海外には、日本の文化に興味を持っている方が メチャメチャ多いっ!

 

ということです。

 

アニメをはじめ、日本のコンテンツが人気なのは ある程度知っていましたが、これほどまでとは。インスタをやり始めてから はじめて気づいた事です。

 

そんな日本好きの外国人にとって「KIMONO」は、日本の美しさの象徴としてとらえられており、憧れの民族衣装みたいです。

 

私が 写真をアップすると、すぐに「Beautiful!」「Amazing !」 みたいなコメントが 一気につき始め、中には、

 

「私も日本に行って、Kimonoを着てみたいわ!」

「あなたのお店は、日本の何処にあるの?私に似合う Kimonoを選んでちょうだい!」

「おめ~すげ~な、応援してるから 頑張れよっ!」

 

みたいな 熱い感じのコメントを、英語のメッセージでくださる方もたくさんいらっしゃいます。

 

私なんか、着物に近すぎる立場なので、そういった新鮮さを忘れている感がありましたが、海外の皆様からのコメントを拝見し、世界に誇る民族衣装「Kimono」の良さをあらためて感じた次第です。

 

さて 東京オリンピック開催まで あと3年半となりましたが、「きものやまなか」では、和服の魅力を 世界に広めるお手伝いをしてくれる 素敵な振袖モデルを大募集中ですっ!

皆様、ふるってご応募ください!

 

あなたの素敵なお写真を「やまなか公式インスタグラム」に 掲載できる日を 楽しみにしております。

 

 

 

はじめまして。わたくし「きものやまなか」の6代目 山中邦彦と申します。このアカウントの振袖姿の女性は、すべて私がコーディネイトさせて頂いたお客様のお写真です。インスタグラムを通じて、世界の皆様に「きもの」の素晴らしさを知って頂きたいと思います。今後とも宜しくお願いいたします。 Nice to meet you. My name is Kunihiko Yamanaka. I am a kimono shop owner called “Kimono Yamanaka” was founded in 1864. This account, I have managed, I also are writing a message. I am not a pretty woman. I’m sorry. And, photos of women wearing a kimono, all our customers. Kimono and accessories that girls are wearing, I was coordinated. A kimono that the woman is the most beautiful, I was recommended. Could be said to be “beautiful” from everyone, I am very happy. I do not speak English. This message has been written using Google’s translation function. Therefore, I think there are a lot of mistakes in English. I’m sorry. However, the meaning of the message from everyone can understand. The reason I began Instagram is because I wanted to know people from all over the world the “Japanese kimono.” In 2020, the Olympic Games will be held in Japan. By that time, I want to know more Japanese culture to people around the world. Also thank you now. Arigatou! #kimono #着物 #名古屋 #きものやまなか

振袖名古屋市 きものやまなかさん(@furisode_yamanaka)が投稿した写真 –

 

 

新作振袖のお下見

 

ママ振リメイクの御相談