振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 【喪服の販売】

【喪服の販売】

喪服を 名古屋市でお探しなら「やまなか」へ

 
喪服フルセット
 

夏冬喪服 お仕立上がり20点フルセット

 

「やまなか」の 喪服 3つの特長

  1. 名古屋ナンバー1の 販売実績
    創業からの152年間で 約 2,500組の喪服を 販売しております。
  2. 安心の 品質保証
    問屋ならではの 生地を見極める目で、何十年後でも 安心して着て頂ける喪服を ご提供しております。
  3. クリーニング生涯保証
    お買い上げ頂いた 喪服や帯のクリーニング料金は 何回でも 永久に無料です。

 

着物クリーニング生涯保証

「やまなか」にて お買い上げ頂いた喪服には

安心のクリーニング生涯保証シールがついています。

 

喪服セット販売価格

「やまなか」ではご予算に応じて、2種類の価格帯の喪服セットを 御用意しております。

【 夏冬喪服お仕立上がり20点フルセット 販売価格

●寿セット 298,000 円(税込み)
●雅セット 398,000 円(税込み)

 

 

喪服 ご購入希望の お客さまへ

皆様のご要望に できるだけお答えするため「やまなか」は 完全ご予約制となっております。

誠に恐れ入りますが、ご来店前にお電話にて 御予約ください。( 当日予約は 受付けておりません。)

 

ご予約受付0120-529-841

営業時間】午前10時 ~ 午後6時30分  
【定休日】毎週 水曜 /第2・4 火曜

 

アクセスマップ

 

 

【お支払い方法】

お支払い方法は 前金制となっておりますので、現金もしくはカードにてお支払い下さい。

①現金払い(お買上げ日より一週間以内のご入金またはお振込み)

②カード払い(下記カードにてお支払い下さい)ボーナス払いは不可

クレジットカード画像

 

 

 

《 よくある ご質問 Q & A 》

困った主婦

 

    • 喪服を購入しようと思うのですが、娘が東京に住んでおり、一緒に伺うことが できません。やはり、娘も一緒でないとダメでしょか?

      • お母様だけでも大丈夫です。

        喪服に関しては 訪問着や振袖と違い、色や柄を選ぶ必要がないので、お母様だけでも大丈夫です。ただ サイズについては、出来るだけ御本人様から 測らさせて頂きたいので、お嬢様の帰省された時に採寸のため、ご来店いただけると助かります。

 

  • 6月に娘が結婚するので、5月じゅうには 喪服を用意したいと 思っております。その場合、いつまで喪服を注文すれば良いですか?

    • 3カ月前には お越し下さい。

      喪服セットの納期に関しては、お仕立て点数が多い事と お仕立て以外にも、家紋入れなどの作業が加わるため、通常 約3ヵ月間の納期が必要です。そのため 5月末までに御用意されたい場合は、遅くとも 2月じゅうには「やまなか」まで お越し頂ければと思います。

 

  • 20点フルセットの内容を教えてください。

    • セット内容は 以下のようになっており、喪服を着る上で必要な物が すべて揃っております。

 

【 20点フルセット内容 】
● 冬喪服 ● 冬用黒共帯 ● 冬用 白長襦袢 

● 夏喪服 ● 夏用黒共帯 ● 夏用 絽長襦袢
※ 着物・帯・長襦袢とも  お仕立て・家紋入れ付き
● 黒帯揚げ・帯締めセット(夏・冬)● 喪服用 草履バックセット ● 黒腰紐2本・白腰紐1本 ● 和装バック ● 黒前板 ● 黒帯枕 ● クリスタル念珠

 

 

  • 冬の喪服が カビだらけになってしまい、着物だけを 新しく買い替えたいのですが、単品での販売はして頂けるのですか?

    • はい、もちろん大丈夫です。

      喪服に関するものなら、お着物だけでも 帯や小物だけでも、すべて単品での販売をしております。

 

  • 最近のお葬式では 喪服を着る人が少なくなったと よく聞きますが、やはり喪服は必要でしょうか?

    • 昔と比べ 着る方が少なくなったのは事実です。

      しかし 喪主になられたり、近しい方が お亡くなりになられた場合は、必ず着なければなりません。もちろん それでも着ないと言われれば、それは ご自由ですが、参列された方々が 心の中で どう思われるか?

      また お家に帰られてから、今日のお葬式について どのように話されるかは、皆様で よくお考えになってみて下さい。

 

  • お嫁入り用の喪服だと 家紋は 嫁ぎ先の紋ですか? それとも実家の紋ですか?

    • ご実家の家紋を入れます。

      これは地域にも違いがありますが、一般的に愛知県内ですと、嫁ぎ先ではなく ご実家の家紋を お入れになる方がほとんどです。

 

  • 娘が「喪服はいらない」と言うのですが・・・

    • お嬢様に 喪服のことを お尋ねになったら、ほとんどのお嬢様が そうお答えになります。

      ただ 喪服というお着物は、日本女性が 必ずおつくりになる 第一礼装です。お嬢様が 嫁いだ先や ご親戚の前で 恥をかかない為にも、黙って揃えてあげる事が「親のつとめ」だと 私は思います。

 

  • 嫁ぎ先のお母様から「何も持って来なくていいわよ。」と 娘が言われたそうです。こういう場合は、どうすれば良いでしょうか?

    • コチラの記事を参考にしてみて下さい。

      どのようなニュアンスで お相手のお母様が、おしゃったのか わからないので、難しい質問ではございますが、詳しくはコチラの記事を ご参考にしてみて下さい ⇒ 「お嫁入りの着物」に 喪服は必要か?

 

 
喪服を作る理由