振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > お母様の振袖リメイク > お母様の着物の【帯揚げ・帯締め】のコーディネイト事例

お母様の着物の【帯揚げ・帯締め】のコーディネイト事例

 

名古屋市の和服美人

 

 

さて今回も「ママの振袖」で、

成人式をお迎えになったお嬢様のご紹介です。

 

こちらの きもの美人は、藤井 温美(あつみ)様(名古屋市守山区)です。

 

モデルさんの様な、綺麗なお嬢様でしたので、
6代目は、いつも以上に気合が入ります(笑)

 

作業内容としましては、白地に紺色の「お母様の着物」をお預かりし、
「クリーニング」と「裄(ゆき)直し」をさせて頂きました。

 

小物も、温美さま用にアレンジさせて頂きましたが、
ピフォアー・アフターがわかるように、
お母さまの時のお写真と並べてみましょう。

 

 

ママふり小物のコーディネイト事例

 

 

昔は、「帯あげ」と「帯じめ」を、同じ色目で合わせる事が多く
お写真でも、お母様の時は、ピンク色でコーディネイトされていますね。

 

ただ最近は、どちらかというと「帯揚げ」と「帯締め」を
違う色でアレンジする事が多くなってきました。

 

温美さまの場合も「水色の帯揚げ」に「黒の帯締め」という
違う色目で、コーディネイトをさせて頂きました。

 

これは、色数を増やすことにより、
全体の雰囲気が、より華やかで、立体的になってくるからです。

 

また、逆に落ち着いた雰囲気に戻したい場合は、
できるだけ 色数を少なくして、同じ色系の小物でアレンジします。

 

このように、小物だけで、
「派手」にも「地味」にも、

「古典的」にも「現代風」にもできますので、
皆様 いちどチャレンジしてみて下さいね。

 

「お母様の晴れ着」が、意外なイメージで甦るかもしれませんよ。