振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

2017/01/11

成人式終了後の 振袖のお手入れ方法

さて成人式も終わりましたが、着た後の振袖は どのような状態ですか?

 

「何もせず、タンスにしまってしまった。」

 

という方が もしおられたら、今からでも遅くありません。

もう一度、タンスの中の着物を 確認してみましょう。

 

レンタルと違い、新しい振袖を購入したり お母様の振袖を着用された場合は、次回も気持ちよく着て頂くために、以下の順番で汚れをチェックすることが大切です。

 

 

着物丸洗いピカピカイラスト

 

①着物ハンガーに掛け 湿気をとる

 

着物ハンガー

 

まずは 着物専用のハンガーに振袖・長襦袢・帯をそれぞれ掛け、直射日光の当たらない 風通しの良い部屋に干して 湿気を取り除きましょう。

 

できたら、着物と長襦袢は 別々のハンガーに掛けた方が良いですが、1つしかハンガーがない様でしたら、振袖と襦袢を重ねて干しても構いません。

 

また 色ヤケを防ぐため、できたら蛍光灯などの電気は 消しておいて下さい。

 

ご注意

たまに着物ハンガーに干したまま、一週間以上もそのままにしておく方がおられますが、生地のたるみや 色ヤケの原因になるので絶対に止めて下さい。ハンガーに掛けて干す時間は、1~2日で十分です。

 

 

② 汚れ等をチェックしましょう

次は、お着物や長襦袢についた汚れをチェックしましょう。

 

一番汚れが付きやすいのは、衿・袖底(袖の一番下)・裾 の3箇所ですので、チェックしてみて下さい。特に衿元はファンデーションなどで、ほとんどの方が汚されています。

 

また、若いお嬢様は お着物を着慣れていないため、脇がほつれていたり、長襦袢のお尻の所がサケていたり、いろいろな箇所が 痛んでいる事がありますので、汚れと合わせてチェックしてみて下さい。

 

着物の脇ほつれ

脇のほつれ

 

 

③ 着物クリーニングに出しましょう

汚れをチェックし、目立った汚れがなければ、そのままタンスにしまって構いません。

 

しかし実際は 汚れていない様に見えても、私のようなプロが拝見させて頂くと、必ずどこかに汚れが付いています。

 

また、汗による汚れは 着た直後 何ともなっていなくても、時間が経つと変色となって浮き出てきます。

 

とくに長襦袢は 着物より汗をよく吸っており、成人式が行われる1月が 寒い時期だからといって油断していると、時間がたってから 下の写真のように黄色く浮き出てくるので ご注意下さい。

 

長襦袢の脇汗の変色

わき汗の変色

 

このような汚れや 汗の染み抜きは、早く出す方が断然落としやすく、費用も少なくて済みますので、当分 着る予定がないのであれば、着物と長襦袢をセットで クリーニングに出しましょう。

 

また最近は、どこの呉服屋さんでも振袖を購入した場合「着用後の丸洗い○年間無料」など、何らかのクリーニング特典が付いていますので、そのお着物の事を一番よく知っている 購入したお店に出すのが良いでしょう。

 

ただ、着物のクリーニングは お洋服と違い、1ヶ月以上のお時間が かかりますので、成人式が終わって すぐに着るご予定がある様でしたら、次回に間に合わなくなってしまうので 気を付けて下さい。

 

ご注意

よく和服の知識が全くない方が、ネットなどの情報を見て、ベンジンなど染み抜きをされ、余計酷い状態になって 当店に持ち込まれるケースが大変増えています。もし染み抜きに関して慣れていないのであれば、ご自分でするより 専門の方にお任せる方が間違いありません。

 

 

 

振袖のお手入れに関しては 以上ですが、次に着物のお手入れに関してよくあるご質問をまとめてみました。ご参考にしてみて下さい。

 

「長襦袢に付いている半衿は、どうすればいいのですか?」

最近のお客様は、半衿付け替えを ご自分でされる方が少なくなり、外してクリーニングに出してしまうと、また縫い付けなくてはいけないので面倒ですよね。

 

特に最近の振袖の半襟は、刺繍半襟にされている方が多く、付け替えがさらに大変です。

 

この半衿については、ほとんどのお店で付けたままでの クリーニングが可能ですので、一度そのお店に確認してみて下さい。

 

 

帯もクリーニングに出した方が良いのですか?

帯のクリーニングに関しては、お着物や長襦袢と同じ頻度で クリーニングに 出す必要はありませんが、汚れやシワがひどかったり、夏場などに着用し、汗をかいた場合はクリーニングが可能ですので、一緒に出して下さい。

 

また、汚れやシワもないようでしたら、陰干しした後、そのままタンスにしまって頂いて大丈夫です。

 

お着物のお手入れを、もっと楽にするには?

新品をご購入されたり、お母様の着物を着られた方は、レンタルと違い、どうしても成人式後のメンテナンスに、手間や費用がかかってきます。

 

この負担を 少しでも減らすため「きものやまなか」では、パールトーンガード加工という撥水加工を おススメしております。

 

パールトーン加工

パールトーン加工済みのお着物

 

この加工は、雨や汚れから 大切なお着物を守ってくれる 撥水加工のことで、着物はもちろん、帯や長襦袢にもかけることが可能です。

 

「やまなか」で 新しい着物を購入された場合、ほとんどのお客様が この加工をされます。

 

また、お母様の振袖や 古い着物・帯でもあっても、状態が良いものに関しては 加工する事が可能です。

 

最初に少し費用がかかりますが、長い目でみると メンテナンス費用が 少なく済みますし、カビなどを防ぐ効果もありますので、これからも 大切にしたいお着物には ガード加工をかけておきましょう。

 

 

パールトーン加工 料金表

 

着物クリーニング 料金表

 

本日 1月9日は、成人の日です。

全国の新成人の皆さ~ん、御成人おめでとうございます!

 

私にとって 年間で一番忙しい日ではございますが、お嬢様たちの素敵な晴れ姿と、ご両親・おじい様・おばあ様の嬉しそうなお顔を拝見すると、一年間 この日のために頑張ってきて良かったなぁ~と思えます。

 

久しぶりに再会した お友達との楽しいひと時、ぜひ楽しんで下さいね。

 

また御両親にとりましても、これまでたくさんのご苦労があったかと思いますが、御成人されてからも、息子様・お嬢様の人生を温かく見守って頂ければと思います。

 

さて それでは今回も、この成人の日にふさわしい「ママ振リメイク」のお客様をご紹介したいと思います!

 

 

澤田清美さまPNG500

 

 

こちらの深いブルーグリーン色の振袖姿は、江南市にお住いの 澤田 清美さま の成人式の時のお写真です。

 

絞り入りで、刺繍が施された素晴らしい振袖でしたが「やまなか」にて、お嬢様の 千波(ちなみ)様用 にリメイクさせて頂きました。

 

本日、着用後のお手入れのため「やまなか」にもお越し頂いたのですが、振袖姿を御覧になった おじい様に とても喜んで頂いたそうで、とても嬉しかったです。

 

作業内容としましては、お嬢様の方が お母様より小柄でしたので、袖丈や襦袢丈を短くし、染み抜き等の作業で お嬢様が 気持ちよく着れる状態にさせて頂きました。

 

あと コーディネイトについてですが、千波さまは とても明るく元気なお嬢様でしたが、お着物が 渋めの色合いでしたので、千波さまが持っていらっしゃる明るいイメージに合わせ、豪華なゴールドの袋帯をご提案いたしました。

 

後ほど御覧いただきますが、この帯で後ろ姿が とても華やかになったと思います。

 

バックは、帯の色合いに合わせた 古典的で豪華な柄ゆきで、千波様のご身長にもピッタリの やや小ぶりなデザインです。

 

ショールは、とても素晴らしいフォックスのショールを お持ちでしたので、このままお使いいただく事をお勧めしました。(これと同じ位のショールを 今買うと、かなりのお値段になります。)

 

このように良い御品に関しては、昔の物でも そのまま使えるのが ママ振りのメリットですね。

 

さて肝心の澤田さまの完成写真ですが、昨年の7月 ご家族全員で撮影をされています。

 

真夏の時期でしたが、成人式の雰囲気を出すため、お父様は冬用のジャケットを、お母様は 素晴らしい訪問着姿で撮影にのぞまれました。

 

弊社提携フォトスタジオでは、真夏であっても、撮影に対応できる最新の空調設備を完備しているため、快適に前撮りをして頂くことが可能です。

 

さて、とても優しいお父様と 綺麗なお母様と3人での前撮り風景を、このブログ読者の皆様にも ぜひ御覧頂きたいと思い、その時の模様を 写真撮影だけでなく、着付けからヘアメイクの場面まで メイキングムービーにまとめています。

 

過去のメイキングムービーはこちら

 

わたくし個人的には、動画最後の「ご家族3ショット」が とてもお気に入りです。

どうぞ御覧ください!

 

平成29年 御成人 澤田千波さま

 

 

 

 

 

お母様からの御感想

お客様の声

 

お嬢様からの御感想

お客様の声

 

「やまなか」が甦らせたママの振袖

 

新作振袖のお下見はコチラ

 

 

ママ振リメイクについて、さらに詳しく お知りになりたい方は、下記のフォームより メルマガ登録をしてみて下さい。お母様の振袖を着る上で「押えておきたい7つポイント」を全7回にわたり、無料で配信させて頂きます。

 

「ママ振袖リメイク」講座メルマガ登録
お名前(姓) *  (例)山中
メールアドレス *

 

 

ママ振袖リメイク講座 配信内容

第1回 はじめに
第2回 お店をさがそう
第3回 古い染みは落ちるか
第4回 サイズ直し その1 
第5回 サイズ直し その2
第6回 小物による 現代風アレンジの仕方
第7回 前どり撮影と 成人式当日の準備

 

こんばんは、皆さんお正月はゆっくり過ごせましたか?

「きものやまなか」は、明日1月5日(木)が仕事始めです。

 

さて 記念すべき 2017年 最初の振袖美人の御紹介ですが、今回のお客様は おばあ様が お孫様のために購入された 新品の振袖と帯に、小物だけを当店にてコーディネイトさせて頂きました。

 

お持ち込み頂いた振袖は、黒地の総絞りの振袖と 格調高い袋帯。

 

かつて「総絞りの振袖」と言えば、名古屋は有松・鳴海絞りの産地でもあり、たくさんお見かけしたのですが、近年は生産量も少なく ご予算的な事もあり、成人式の会場でも着ているお嬢様は 少なくなりました。

 

今回のアレンジのポイントとしては、絞りの良さを生かしながらも、成人式らしい「若さ」を強調するため、

 

① 真っ赤な平打ちの帯締め

② 真っ赤なちりめん地の帯揚げ

③ 黒と赤の刺繍入りバック

④ 黒と赤の個性的なお草履

⑤ シックなデザインの髪飾り

 

の5点の小物を、ご提案させて頂きました。

 

振袖の良さが引き立つよう 余分な色を使わず、すべての小物を「赤と黒」の2色だけで、シンプルにまとめています。

 

そして完成したお写真ですが、今回のお嬢様は お綺麗ですよ~

可愛いというより「お美しい」です。

とくに大人の雰囲気漂う こんな素敵なお嬢様には、絞りの振袖がピッタリですね!

 

 

img_7986_png530

 

 

 

「きものやまなか」では、お母様の振袖だけでなく、他店でお買い上げになった新品の振袖の小物アレンジも大歓迎ですので、お気軽にお声をかけて下さいね。(要予約)

 

小物アレンジの御相談

 

新作振袖のお下見

 

1 / 8312345...102030...最後 »