振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

2010/01/02

「お仕立て上がりのプレタ振袖」ご購入にあたって

着物は日本の伝統的衣装なのですが、
現代の日本人の服装は洋装が主流で、
着物を着て街を歩く人は、目を引く存在です。

ただ昨今では、和服を着ることも少なくなり、
着物を購入することが
身近ではないという人が 多いようです。

そこで、
若い人に親しまれている着物の代表格、
振袖の購入について 気を付けたいことを
書いてみたいと思います。

新品の振袖は、通常
仮絵羽といわれる状態で販売されており、
お客様が購入されると、
「湯のし」という作業をしてから、
反物の状態に いったん戻されます。

それから、パールトーン加工などの
撥水加工を施してから
仕立て屋さんに お嬢様のサイズに合わせて
縫って頂きます。

つまり、一般的には「振袖の購入」というと、
反物を購入し 仕立ててもらうのが一般的です。

これに対して、
「お仕立て上がり」という振袖もあります。

プレタ振袖ともいいますが、
これは、すでに反物を仕立ててある振袖で、
購入してすぐに着られることを売りにしています。

反物から振袖に仕立てるには
数ヶ月要しますので、
すぐに着たいという方には、おすすめの振袖になります。

また、お仕立代が かからない分
お値打ちになるというメリットもあります。

ただし、注意したいのは振袖は、
S・M・L などの既製サイズで
作られているということです。

振袖のサイズを
気にせず購入される方がいますが、
「お仕立て上がり」の振袖は、
商品によって適応身長が異なります。

振袖を着崩れせず きれいに着るには、
サイズが重要なのは 言うまでもありません。

最近は、その手軽さと安さから
ネットで購入する方もいますので、
既製品を否定するつもりはありません。

しかし、
振袖を着たい日まで お時間があるようでしたら
振袖を扱う名古屋あたりのお店を回って、
仮絵羽の状態の振袖を
見てみることを おすすめします。

お仕立て前の反物でしたら、
サイズはもちろん、
柄の出方などもご相談にのることが
できるかもしれません。

反物から仕立てる 新作振袖をお探しならコチラ

2010/01/01

知っていましたか? 夏でも振袖は売っているんです!

 

振袖といえば、成人式。

多くの人が「振袖」と聞くと 成人式を連想するのではないでしょうか。

 

では、振袖はどんな季節に 店頭に並ぶのでしょうか。

着物を扱う呉服屋の店頭を 思い浮かべてみてください。

夏の風物詩にもなっている浴衣は、 夏に向けて 店頭に並びますね。

そうなると、振袖は成人式が行われる 冬に向けて店頭に並ぶのでしょうか。

実は、呉服屋では ほぼ一年中、振袖を取り扱っています。

 

浴衣が並ぶ季節は ちょっと店の奥の方になり、 成人式が近づくころになると 店の前面になり、 展示スペースの場所や規模は変わりますが、 一年中、店頭で取り扱っています。

「そうなの?」と思った方は、 ご自宅に入る呉服屋のチラシを 見てみてください。

夏の浴衣セールのチラシの隅にも、 きっと成人式用の振袖セットが 掲載されているはずです。

しかも、チラシの隅に 申し訳程度に載っているのではなく、「振袖大バーゲン」 「成人式当日着付け・ヘアメイクセット」など、 結構気合が入っている様子で 載っていることも少なくありません。

裏を返せば、 夏でも振袖が 売れているということです。

成人式の振袖は、 レンタルでも購入でも 早い者勝ちの世界です。

振袖を名古屋で買おうかなと思っている方、 この夏、すでにお気に入りの振袖探しの 勝負は始まっていますよ。

「暑いから…」と言わずに、 ぜひお店に足を運んでみてください。

 

名古屋で 新作振袖をお探しならコチラ

振袖を三重県でお探しなら「きものやまなか」へ

 

古典柄着物

 

 

新作振袖のお下見は コチラ

 

ママの振袖リメイクは コチラ

 

振袖美人コラージュ3_580タイトルありB

ママ振袖リメイク9人タイトル付_530

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 三重県は縦に長い県で、北勢、伊賀、中勢、南勢、東紀州の5つのブロックは、それぞれ文化も方言も異なります。三重県でも北部ともなると愛知県と経済的つながりが深く、近年、名古屋の名物とされているひつまぶしや天むすも、実は三重県発祥という説があります。愛知県と接する長島あたりは三重の関西風訛りよりも、名古屋弁に近い分岐点になっています。カレーライスに入れる肉も、長島あたりを境に東は豚肉、西は牛肉と分かれているようです。三重県といえば、古代から現代に至るまで伊勢神宮が有名です。お正月ともなると、伊勢神宮は振袖や袴姿で初詣する男女で、とても華々しくなります。お宮参りといえば、お子さんの成長を祝い感謝して氏神様にお参りする七五三でも、振袖という晴着は女の子の間で人気です。女の子が7歳になると、それまでの紐付き帯をやめて、大人と同じ幅広の帯を初めて締める儀式でもあり、20歳の本格的な成人式の前段階のようなものでしょう。振袖は独身の女性が着るものという決まり事がありますが、7歳の女の子が晴着として振袖を着るのは十分理に適っています。今や女性が成人式で振袖を着るのが、すっかり定番となっています。しかし、中には18歳で結婚された女性もいらっしゃいます。この場合、成人式で振袖を着るのは、本来の意味としては正しくないかもしれませんが、一生に一度の式ですし、そのへんの堅苦しい決まりごとは無視してもいいでしょう。普段は洋服姿で都会生活を満喫する女性も、年末年始や成人式などで三重県に帰ったら、振袖を着て時代劇のお姫様の気分を味わい、地元の写真館で記念撮影してもらうのもいいかもしれません。

三重県で振袖をお探しなら「やまなか」へ