振袖 名古屋|成人式の振袖選びなら【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

ママ振の小物レンタルサービスとは?

 

振袖用帯締め_01_450

 

 

「お母さまの振袖」を着てご出席されるお嬢様が増えていることは、皆さまもうすでによくご存じかと思いますが、最近 ママ振りの 小物レンタルサービス を利用される方がいらっしゃいます。

 

この「ママ振り小物レンタル」とは、振袖は お母様の晴れ着をそのまま使い、小物だけをレンタル(借りる)というプランです。(ちなみに「やまなか」では、小物のレンタルはしておりません。)

 

このプランの魅力は、もともとお値打ちな「ママ振リメイク」が、小物をレンタルにする事により さらにお安く済むという点です。

 

新作の購入・レンタル・ママ振の平均相場は?

 

このプランを取り扱っているお店の多くは、私共のような呉服店系のお店ではなく、写真館系貸衣装店系のお店に多いのですが、ここ最近 他店で「ママ振り小物レンタル」を利用しようとしたけど、満足できなかったため「やまなか」に再びコーディネイトの御相談でお越しになるお客様が 後をたちません。

 

私としても「お母様の振袖」で成人式に出席されるお嬢様が増え、いろいろなお店がママ振りに取り組んで頂けるのは嬉しい限りですが、お店やプランによっては後悔されるお客様がいらっしゃる事はたいへん残念です。

 

そのため今回は、ママ振の小物レンタルサービスを利用するにあたって気を付けておきたい事を書きたいと思います。

 

ママ振の小物をレンタルにして後悔した理由

 

困った主婦02_300

 

小物のレンタルサービスでは気に入らず「やまなか」でリメイクをやり直したお客様に直接 お話しを伺うと、不満だった理由は大きく分けて次の2つです。

 

① 小物のクオリティが低く、コーディネイトが気に入らない。

② 成人式以外でママ振りを着る事ができない。

 

では具体的に、どんな点がご不満だったのでしょうか。詳しく解説していきたいと思います。

 

① 小物のクオリティが低く、コーディネイトが気に入らない。

レンタルか購入か400 「ママ振の小物レンタル」を利用されるお客様の多くが 初めてのことなので、買うのもレンタルするのも同じような小物がついてくると 最初は思っておられます。

 

しかし実際お店に行ってみると、レンタル用の小物は素人目にみても クオリティが低く、パールやレースがついた現代風のものばかり。点数やバリエーションも少なく、ビックリされたそうです。

 

とくに 当時100万円以上で購入されたような 高額なお母様の振袖に「そんな小物を合わせるのか・・・・」と、思わず絶句するようなチープなコーディネイトをされていることもよくあり「そのお着物が持っている良さ」を見事なまでに消し去っているお写真を今まで何度も見せてもらいました。

 

さらに、コーディネイトにかける時間は平均20~30分程度で、お店によってはレンタル用の小物が5点ほどしかなく、10分で終わってしまったというお話も伺いました。

 

ホームページやダイレクトメールには「経験豊かな専門スタッフが丁寧にアレンジします!」と うたってあったので、それを信用しお客様はお店に行ったそうなのですが、和服の事をまったく知らないお客様から見ても、コーディネイトに関しては 明らかに経験が少ない店員さんだったようです。

 

こういったご不満は、フォトスタジオ・写真館系のお店で小物レンタルされたお客様からよくお聞きするのですが、やはり写真が本業のため 撮影に関してはプロであっても、小物の品揃えやコーディネイトまでは なかなか行き届かないようです。

 

さらに ママ振りを着る上で大切な「染み抜きやサイズに関する御相談」は、ほとんど見てもらう事ができず、かりにお願いしても「これ位なら、このままで大丈夫だと思いますよ~」みたいな感じで軽く流されるケースが多いようです。

 

ただ 私があらためて拝見させて頂くと、汚れやサイズに関しても直しておいた方が良い箇所が何か所も見つかり「これのどこが大丈夫なのだろうか・・・」と思ったことが一度や二度ではありません。

 

 

振袖小物アレンジ500

 

 

ちなみに 小物レンタルをしていない「きものやまなか」の場合、帯揚げ・帯締め・刺繍半衿などのコーディネイトには、汚れやサイズの確認も含めると、2時間30分以上の時間をかけ、300種類以上ある最新の小物の中から お嬢様が一番キレイに見える御品を決めていきます。

 

時間に関しては、お嬢様・お母様・お父様・おばあ様など ご来店頂いた全員が納得されるまで 私はやめませんので、3時間以上かかる時もあります。(そのため一日3組までの完全ご予約制になっています。)

 

このように 小物アレンジへの取り組み方や品揃えは そのお店によって様々ですので、予算を出来るだけ抑え、小物のコーディネイトに特にこだわりがないのであれば レンタルされるのも良いかと思いますが、そうでないのであれば色々なお店を比較してみる方が良いでしょう。

 

「やまなか」のママ振コーディネイト

 

 

② 成人式以外でママ振を着る事ができない。

 

「お母様の振袖」を着ることには、

● 新たに着物を買わなくていいので お値打ちに済む。

● お友達の振袖とカブる可能性が ほとんどない。

● 親子3代で 成人式の思い出を共有できる。

 

など たくさんの良い点がありますが、その中でも大きなメリットとして「成人式以外で何度も着ることができる」という点が挙げられます。

 

 

新郎・新婦イラスト_450

 

昔に比べると結婚式などで振袖姿を見かけることが 少なくなったのは事実ですが、この一番の原因は、成人式を貸衣装で済ます方が増えてきたからで、けっしてお若い方々の和服に対する興味や憧れがなくなってしまった訳ではありません。

 

実際「やまなか」のお客様のように、お手持ちの振袖をきちんと活用された方は、成人式後も結婚式・パーティー・初詣・卒業式など、お嬢様がお嫁入りされるまで何度も振袖を着用されます。

 

成人式以外で振袖を着ることができるのはどんな時?

 

しかしいったん 小物をレンタルにしてしまうと、成人式が終わった後 ふたたび振袖を着ようと思っても、小物はすでに返却しているため、呉服屋さんで新たに買い直すか、結局は面倒になってしまい ドレスなどのお洋服で出席するケースがほとんど。

 

その後、お母様の振袖は「タンスの肥やし」として永遠に眠りつづけ、二度と日の目を見る事はありません。

 

そのため、小物だけの買い直しで御来店された多くのお客様が「こんな事なら成人式の時にいいのを買っておけば良かった。。。」と口を揃えておっしゃいます。

 

このような点から「成人式以外で振袖を着る事はゼッタイにない」という方であれば、小物をレンタルされても良いと思いますが、お母様の振袖に想い入れがあり、これからもこの着物を大切に活用されていきたいのであれば、その着物のあった帯揚げや帯締めなどをご購入されておく方が良いと思います。

 

さて、以上がママ振りの小物レンタルについての解説でしたが、どのプランが皆様にとって最適なのかは、その方の成人式に対する意識や、思い入れ・着用頻度などによって変わってきますので、お嬢様と相談して検討してみましょう。

 

お客様のご紹介

 

さて、本日も「ママ振り」を上手に活用された「やまなか」のお客様のご紹介です。

まずは お母様の時のお写真からどうぞ!

 

H28稲熊さま_お母様の写真_400

 

白地で絞り入りのとても素晴らしい振袖でしたが、御品を拝見させて頂いたところ、白地の部分や裏地まで かなり変色が進んでいました。

 

お嬢様とお母様のご身長も違うため、今回のケースでは 振袖を全部ほどいて反物に戻し、きれいに汚れを落としてから、お嬢様のサイズに仕立て直す作業をいたしました。

 

裏地の変色がひどい場合の振袖のお直し

 

もちろん、帯揚げ・帯締め・髪飾りなどの小物もお嬢様用にあらたに購入して頂きました。 出来上がったお写真がこちらです!

 

 

IMG_0940_修正済498

 

笑顔がステキなとても可愛いお嬢さまでしたが、変色や汚れもきれいになり、新品同様のお美しい着姿となりました。

 

そして今回は、小物だけでなく帯も新しくして頂きました。

帯は 着物の次に着姿に占める割合が大きく、変わり結びにしますので 後ろ姿がとても華やかになります。

 

 

 

 

こちらのお写真を「やまなか」の公式インスタグラムに掲載したところ、あっという間に1,000を超える「いいね!」と たくさんのコメントが寄せられ、まさに今流行りのインスタ映え状態ですっ (お気軽にフォローして頂けると嬉しいです!)

 

さらにこちらのお嬢様は、成人式だけでなく、お兄さまのご結婚式にもこの振袖を着用され、卒業式の袴姿にも合わせるご予定です。

 

このように、その振袖に合った小物や帯を揃えておけば、昔のものとは思えないほど 美しい着姿で お写真をたくさん残すことができ、成人式以外で何度も着ることができます。

 

「成人式は お母様の振袖で」とお考えの方は、このブログに掲載しているたくさんのお客様の事例を御覧になりながら、ぜひ思い出に残る成人式をお迎え下さいね。

 

 

インスタバナー_500

 

 

お母様からの御感想

お客様の声_H28_稲熊久江さま_580

 

 

お母様の振袖をお着せする方法

 

ママ振リメイクの御相談はコチラ

 

お名前(苗字)
メールアドレス

 

 

失敗しない振袖選びのポイント_500

 

 

 

 

さて 平成30年1月の成人式が いよいよせまって参りましたが、ご準備は大丈夫ですか?

 

「やまなか」では この時期、平成31年・32年の成人式に「お母様の振袖」を着て ご出席されたい方のために「ママの振袖リメイク御相談会」 を開催いたします。

 

● 振袖のクリーニング・染み抜き
● 振袖のサイズ直し・お仕立て直し
● 帯や小物のコーディネイト・足りない小物チェック

 

などの御相談に「やまなか」がお答えさせて頂きます。

お見積もりや御相談料は無料ですので、お気軽にお問い合せ下さい。

 

平成30年1月に御成人をお迎えになる方は、そろそろタイムリミットが近づいており作業内容によっては間に合わなくなりますので、お早めに御連絡ください。

また平成31年・32年 御成人のお客様も 既にたくさんの方が お越しになっています。

 

さらに リメイク以外にも「新作振袖のお下見」も同時に受け付けております。

ご希望の方は下記サイトを御覧になり、今すぐお電話にて御予約下さい。

 

ママの振袖リメイク 御相談会

 

入谷さま500a

 

【とき】平成29年12月8日(金) ~ 12月28日(木) 

【ところ】「きものやまなか」特設会場 ⇒ アクセスマップ

【営業時間】午前10時~午後6時30分

定休日】毎週 水曜 / 第2・4火曜

※12月26日(火)・27日(水)の2日間は、年末のため通常営業しております。

 

【年末年始の営業日】

1712_年末年始カレンダー03_530

 

なお 今回のイベントは 完全御予約制ですので、ご相談ご希望の方は 下記ページを御覧になりお電話にて御予約ください。

また 期間中以外でも、ご予約さえ頂ければ 成人式に関する御相談は いつでも受付けております。

 

ママ振リメイク ご希望の方

 

新作振袖のお下見 ご希望の方

 

 

インスタバナー_500

 

 

 

2017/09/22

購入・レンタル・ママ振袖のメリットとデメリットの比較

 
困った主婦A_購入レンタル_500 

近年 成人式の振袖には、新作の購入以外にもレンタル(貸衣装)や、ママ振リメイクと言って「お母様の振袖」をアレンジして着せる方法もあり、成人式のご準備には色々な選択肢があります。

 

しかしその選択肢が増えてくると・・・

 

「購入・レンタル ・ママ振り のどれにすれば良いか全くわからないわ・・・」

 

と 迷われるお母様がおられ、いったいどの方法がご自分にとって一番お得なのかわからなくなってしまいます。

 

今回はそんなお母様のために、レンタル・購入・ママ振袖 それぞれのメリットとデメリットを解説しますので、皆様に最適な振袖選びのご参考にして頂ければと思います。

 

レンタル(貸衣装)の 長所と短所

 

成人式イメージ02_450

 

長所 

① クリーニングなどの お手入れが不要。
② 保管の必要がない。
③ 平均すると 購入よりお安くすむ。 

④ 写真や当日の着付けもセットになっている事が多く、手間がかからない。

 

短所

① レンタル期間を過ぎると、もう振袖を着る事ができない。

② 同じ振袖とカブる可能性が 3つの準備方法の中で一番高い。

③ 上質な購入品やママ振と比べると、品質は落ちる。

④ サイズがピッタリではない可能性がある。

⑤ ご身長が170cm以上・150cm以下、もしくは ふくよかなお嬢様だと選択肢が少なくなり、時期やお店によっては商品を置いていないケースがある。

※ただし最近は レンタルでも、お嬢様のサイズに仕立てる「オーダーレンタル」という方法もあります。

 

レンタルのまとめ

このレンタルは 現在「購入・レンタル・ママ振り」の中で、一番多いご準備方法となりました。その割合ですが 全国平均で5~6割、また東京や大阪などの都心部では 7割以上とさらに高い比率となっています。そしてその人気の理由は、お手入れや保管の必要がない手軽さ。とくに「着物をたためない」「和服に興味がない」「振袖を着るのは成人式の一回限り」など和装にあまり関心がない方は、この貸衣装をお選びになる傾向が高くなっています。

 

 

新作購入の 長所と短所

 

きものやまなか「店舗写真」500振袖名古屋市

 

長所

① 一生自分のものとして 何回でも着る事ができる。(お友達の結婚式などに)
② 将来、誰かに着てもらう事が可能。(妹様やご親戚、お嬢様のお嬢様に) 
③ 誰も着ていない逸品物を選ぶ事ができる。
④ お嬢様のピッタリサイズに仕上がってくる。

 

短所

① クリーニングや染み抜きなどの、お手入れが必要。
② 保管場所が必要。
③ 逸品物の手の込んだ振袖になると、高額になる。

 

 

新作購入のまとめ

お母様の時代は ほとんど購入の方ばかりでしたが、近年その割合は レンタルなどに押され、全体の2~3割にまで減少してきています。ただ お嬢様が茶道・華道・日本舞踊などの習い事をされていたり、お母様やお嬢様の和服や成人式に対する関心が高いご家庭では、今でも購入される割合が高くなっています。また最近は、購入品であってもレンタルのお値段とそんなに変わらない価格帯で提供している呉服店もあるため、ご予算があまりない方でもお買い求めしやすくなっています。

 

当店にて振袖を購入されたお客様

 

 

ママ振袖の長所と短所

 

吉川さまリメイク事例_500

 

長所

① お手持ちの振袖を使うので、お値打ちに済む。

② お嬢様用に直してしまえば、成人式以外でも何度も着ることができる。

③ 友達の振袖とカブる事が まずない。

④ お母様の時代の振袖の方が レンタル品より質は良い。

⑤ おばあ様・お母様・お嬢様と親子3代に渡り 思い出を共有する事ができる。

 

短所

① クリーニングや染み抜きなどの、お手入れが必要。
② 汚れが酷かったり サイズがかなり違う場合は、高額なお直し代がかかる事がある。

③ 保管場所が必要。

④ ママ振が家にない(お母様の時は貸衣装であったり、紛失してしまった)場合は、この方法は不可。

 

 

ママ振のまとめ

母親の振袖をアレンジして着る方法は、この4~5年たいへんなブームになっており、レンタルの数には及びませんが 会場によっては購入の方より多くなってきています。ただこの方法で準備をするためには、染み抜き・サイズ直し・小物のアレンジなどで貸衣装や新作の購入以上に専門的な知識やコーディネイトセンスが必要ですので、着用後のお手入れまで含め きちんと相談にのってもらえお店を探すことが大切です。

 

⇒ 「やまなか」が甦らせたママ振

 

さて以上が「レンタル・購入・ママ振り」の3つの準備方法別のメリットとデメリットですが、お分かり頂けたでしょうか?

 

しかし 振袖選びについては、その方の ご予算・ご準備の手間・着用頻度 などによって変わってきますので、その項目別により掘り下げて比較してみたいと思います。

 

 

ご予算から考える

お金_一万円イラスト_329

まず ご予算について 平均価格がお値打ちな順番にいうと、下記のようになります。

 

お値打ち

 ↑

① ママ振

② レンタル

③ 購入

 ↓

高 額

 

そのため、成人式の費用をできるだけ抑えたい場合は「ママ振り」もしくは「レンタル」が良いでしょう。

 

いっぽう比較的ご予算に余裕があり、お嬢様には誰も着ていない逸品ものをお着せしてあげたいとお考えの方は、新作の購入をおすすめ致します。

 

振袖の購入・レンタル・ママ振りの平均価格について

 

ただ この平均価格については 上記のブログ記事で解説しているとおり、最近は購入品であっても 20万円を切る「お値打ちなセット商品」があり、貸衣装であっても30~40万円もするの「高額なブランド品」も出てきたため、価格に関しては 昔ほど「レンタル」と「購入」の差がなくなってきました。

 

また「ママ振り」に関しても 汚れが酷かったり、お母様とのサイズが大幅に違う場合は、お直しの費用が思いのほか高額になるケースもあります。

 

そのため、お客様によっては 上限のご予算だけを先に決め、お下見に行ったとき「レンタル」か「購入」かを お決めになる方も 増えているようです。(大手の呉服店・貸衣装店ではレンタルと購入の両方を取り扱っているお店がほとんどです。)

 

そして「レンタル」と「購入」の価格の差が あまりなくなってきたという事で、どちらにするか一番大切なポイントは「成人式以外でも お嬢様がどれだけ振袖を着る可能性があるか?」という点だと思います。

 

成人式以外で振袖を着る事ができるのはどんな時?

 

どんな高額な振袖を購入したとしても、何回も着用すれば十分元をとる事はできますし、どんなに気に入った振袖だったとしても レンタルにしてしまうと、成人式以外ではもう着る事ができません。

 

この点は そのご家庭によって様々ですので、メリットとデメリットを 比較しながら、じっくり検討してみて下さい。

 

「手軽さ」から考える

 

着物丸洗いピカピカイラスト

 

さて最近は 昔ほど和服に接することが少なくなり、お着物を畳めなかったり、和服にご興味がないご家庭も増えてきました。

 

しかし 振袖をいざ成人式に着ようとなると、振袖選びから 購入後のメンテナンスまで和服の管理には手間がかかります。

 

このメンテナンスや準備に手間がかからない順に申し上げると、こちらのようになります。

 

手間がかからない

 

① レンタル

② 購入

③ ママ振り

 

手間がかかる

 

レンタルの場合、着用後はお店に返却するだけですので、お手入れや保管の必要ない事は言うまでもありませんが、当日の着付けや前撮りなどもセットになっていることが多く、3つの準備方法の中で一番ラクです。

 

もし このブログを御覧の方で「振袖のご準備や手間などの負担をできるだけ少なくしたいわ」とお考えのお母様は、レンタルが良いかもしれません。

 

いっぽう「購入」や「ママ振り」をお選びになった場合は 成人式が終わった後も 何度でも着用できるというメリットがある反面、クリーニングなどのお手入れが必要ですので、購入前には そのお店のアフターサービスが充実しているかを必ず確認しておきましょう。

 

成人式後の振袖のお手入れについて

 

とくに「ママ振り」に関しては「お母様の思い出の振袖が甦る」という感動がある一方、着用前にも サイズ直しや染み抜きなどのお手入れが必要なことが多く、3つの準備方法の中では 一番手間がかかります。

 

友達の振袖とガブリたくない場合は?

友達同じ振袖カブリ500

さて、成人式を迎える お嬢様からのご要望で、一番多いのは何かお分かりになりますか?

 

それは「友達の振袖と絶対 カブりたくない!」です。

 

同色・同柄の振袖はもちろんのこと、似た感じの振袖でもイヤなようで、このご要望は 近年ダントツに多いです。

 

これについて、友達や同じ会場の方とカブる可能性が高い順に申し上げると、こうなります。

 

カブる可能性が高い

 

① レンタル

② 購入

③ ママ振

 

カブる可能性が低い

 

私も毎年、全てのお客様から成人式の御感想をお伺いしますが「友達の○○ちゃんと△△ちゃんの振袖がお同じだったの~」みたいなお話しを必ず数名の方からお聞きします。

 

その場合、ほとんどのケースで その振袖は貸衣装か、低価格の購入品であることが多く、振袖姿のお嬢様が200名以上集まるような「大きな成人式会場」ほど その確率が高くなる傾向があります。

 

いっぽう「ママ振り」に関しては、私も毎年 200枚以上取り扱っておりますが、会場で同じ振袖と鉢合わせになってしまったという話は、ほとんど聞いた事がありません。

 

この「他のお嬢様の振袖と カブる可能性がほとんどない」という点も、近年「ママ振」を着用される方が増えている大きな理由の一つです。

 

 

さて以上が、購入・レンタル・ママ振の比較でしたが、お分り頂けたでしょうか? 

 

成人式の振袖選びでは、色や柄選び・お店選びの他にも、どの準備方法をお選びになるかがとても大切なポイントになりますので、お母様とお嬢様でよく相談してみて下さい。

 

それでは皆さん、一生に一度の振袖選び かんばって下さいね!

 

失敗しない振袖選びのポイント_500

 

 

お名前(苗字)
メールアドレス

 

 

LINE@ お友だち募集中!

「やまなか」では、LINE@からも ブログの更新情報をお送りしております。

お気軽に友だち申請をして頂き、成人式のお役立ち情報をお受けとり下さい。

 

友だち追加