振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

トップ > お母様の振袖リメイク > 【ママ振袖】のメリットとデメリットの比較

【ママ振袖】のメリットとデメリットの比較

 

ママ振袖_ビフォアアフター

 

最近の成人式では、ママ振り(お母様の振袖)をアレンジして着ることが流行していますが、メリットとデメリットもあります。

 

メリット・長所

1⃣ 手持ちの振袖を使うので 成人式の費用を抑える事ができる。

2⃣ 友達の振袖とカブる事がまずない。

3⃣ いったん直してしまえば、成人式以外で何度でも着れる。

4⃣ 昔の振袖の方が、現代の振袖と比べても品質は良いことが多い。

5⃣ 祖母・母・娘の親子3代に渡り、思い出を共有できる。

 

 

デメリット・短所

1⃣ 古い着物のため、染み抜きやサイズ直し等のお直しが必要

2⃣ 汚れが酷かったり、サイズがかなり違う場合は、お直し費用が高額になる。

3⃣ 着用後のお手入れや、保管場所が必要。

4⃣ お嬢様がどうしてもママ振りを着たくない場合、この方法は不可。

5⃣ ママ振りが家にない(母親の時はレンタルにした・紛失してしまった)場合、この方法は不可。

 

 

ママ振袖の5つのメリット

ではここからは、その5つのメリットを詳しく解説していきたいと思います。

 

1⃣ 手持ちの振袖を使うので 成人式の費用を抑える事ができる 

 

ママ振りのメリット

 

振袖の準備方法には、おもに購入・レンタル・ママ振りの3つに別れますが、費用の面からすると、お手持ちのママ振りを再利用する方法が、平均的にいちばんお安く済みます。

 

お嬢さまの年齢が19~20歳の頃は、大学の授業料などでお金がいる時期ですので、成人式の費用をできるだけ抑えたい方は、ママ振りの活用を考えてみてはどうでしょうか。

 

ママ振りはいくら位かかるの?

ママ振り・購入・レンタル費用の比較

 

2⃣ 友達の振袖とカブる事がまずない 

友達同じ振袖カブリ500

毎年のことですが、人気の色や柄にはどうしても偏りがあり、新成人がたくさん集まる大きな会場ほど、この「振袖カブり」の可能が高くなってしまいます。

 

その点、ママ振りなら、友達の振袖とカブる可能性が3つの準備方法のなかで一番低くなります。(ただし可能性がまったくゼロになるわけではありません)

 

とくに最近のお嬢様たちが、振袖を選ぶ上での最も大切なポイントは、価格やブランド性より「友達の振袖とカブらない」という点です。

 

そのため、少し前なら「お下がりなんて嫌!」と言っていたお嬢さまも「ママの振袖が着たい!」と言って、自ら進んでママ振りを希望されるケースも増えてきました。

 

ママ振りなら、着物が昔のものでも、帯や小物をお嬢さまの好みに合わせて自由にアレンジできるため、よりオリジナルな装いにカスタマイズすることが可能です。

 

ママ振りのコーディネイト事例

 

3⃣ 成人式以外でも何度も着れる 

レンタルですと、成人式が終わったら返さないといけませんが、ママ振りなら、ご自分の物ですので、いったんお嬢様用に直してしまえば、いつでも着る事ができます。

 

例えば・・・
● お友達やご親戚の結婚式
● 謝恩会やパーティー
● 卒業式の袴すがた   ⇒  小松 明日香さま 安藤 美文さま 

 

など、振り袖は お嬢様がご結婚されるまで、いろんな場所で着ることができます。

とくに お母様ご自身が、1~2回しか着てない場合、このまま「タンスの肥やし」にしておくのは、もったいないですよね。

 

こんなにあります!「振袖を着る機会」

 

 

お母様の時代の振袖は品質が良い

お母様の時代は、今と違い100万円以上の振袖がたくさん販売されています。

最近のレンタル品の振袖と並んでみても、決して見劣りする事はありません。

 

親子3代で思い出が共有できる

出来上がった「お嬢様のお写真」と「お母様のお写真」を見比べなら、おばあ様と3人で、

 

「当時は こんな事があった、あんな事があった・・・」

 

と、楽しそうにお話をされる姿が、私は本当に好きです。
 
その場限りで、華やかに着飾るのもいいかも知れませんが、おばあ様や お母様の「思い出がつまった着物」には、お金では買えない「温かさ」があります。
 
その「温かさ」を 成人式という儀式を通じて 次の世代に伝えていくというのは、とても大事なことの様な気がしています。

 

このブログをご覧の皆様も「思い出の着物」を、お嬢様や息子様に ぜひ着てもらって下さい。

 

言葉だけでは伝わらない「大切な何か」が、次の世代にも きっと伝わると思います。

 

 

 

 

さて こちらのお写真は、私共のお客さま 鈴木 由美子さま の当時の着物姿です。

水色の加賀友禅の素晴らしい晴れ着を 着ておられます。

 

今回は サイズを直し、帯あげ・帯締め・草履バック・髪飾りなどの小物を、お嬢様の 千尋さま用に あらためて コ-ディネートさせて頂きました。

 

「お嬢様のお美しさ」に「お母様の思い出」と「温かさ」を重ねると、こんな素敵な お着物姿になります。

 

どうぞご覧下さい。

 

 

鈴木 千尋さま

 

ママ振りのデメリット

 

 

 

 

 

ママの振袖リメイク バナー画像

 

新作振袖のお下見_バナー

 

振袖美人 インスタグラムバナー画像