振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

トップ > お母様の振袖リメイク > 【ママ振袖】のメリットとデメリットの比較

【ママ振袖】のメリットとデメリットの比較

 

ママ振袖_ビフォアアフター

 

最近の成人式では、ママ振り(お母様の振袖)をアレンジして着ることが流行していますが、下記のようなメリットとデメリットがあります。

 

メリット・長所

1⃣ 手持ちの振袖を使うので、成人式の費用を抑える事ができる。

2⃣ 友達の振袖とカブる事がまずない。

3⃣ いったん直してしまえば、成人式以外で何度でも着れる。

4⃣ 昔の振袖の方が、現代の振袖と比べても品質は良いことが多い。

5⃣ 祖母・母・娘の親子3代に渡り、思い出を共有できる。

 

 

デメリット・短所

1⃣ 古い着物のため、染み抜きやサイズ直し等のお直しが必要

2⃣ 汚れが酷かったり、サイズがかなり違う場合は、お直し費用が高額になる。

3⃣ 着用後のお手入れや、保管場所が必要。

4⃣ お嬢様がどうしてもママ振りを着たくない場合、この方法は不可。

5⃣ ママ振りが家にない(母親の時はレンタルにした・紛失してしまった)場合、この方法は不可。

 

 

ママ振りの長所

ではここからは、その5つのメリットを詳しく解説していきたいと思います。

 

1⃣ 手持ちの振袖を使うので、成人式の費用を抑える事ができる 

 

ママ振りのメリット

 

振袖の準備方法には、おもに購入・レンタル・ママ振りの3つがありますが、費用の面からすると、お手持ちのママ振りを再利用する方法が、平均的にいちばんお安く済みます。

 

お嬢さまの年齢が19~20歳の頃は、大学の授業料などでお金がいる時期ですので、成人式の費用をできるだけ抑えたい方は、ママ振りの活用を考えてみてはどうでしょうか。

 

ママ振りはいくら位かかるの?

ママ振り・購入・レンタル費用の比較

 

2⃣ 友達の振袖とカブる事がまずない 

友達同じ振袖カブリ500

毎年のことですが、人気の色や柄にはどうしても偏りがあり、新成人がたくさん集まる大きな会場ほど、この「振袖カブり」の可能が高くなってしまいます。

 

その点、ママ振りなら「友達の振袖」とカブる可能性が3つの準備方法のなかで一番低くなります。(ただし、可能性がまったくゼロになるわけではありません)

 

とくに最近のお嬢様たちが、振袖を選ぶ上での最も大切なポイントは、流行やブランド性より「友達の振袖とカブらない」という点を重視されます。

 

そのため、少し前なら「お下がりなんて嫌!」と言っていたお嬢さまも「ママの振袖が着たい!」と言って、自ら進んでママ振りを希望されるケースも増えてきました。

 

ママ振りなら、帯や小物をお嬢さまの好みに合わせて自由にアレンジできるため、よりオリジナルな装いにカスタマイズすることが可能です。

 

ママ振りのコーディネイト事例

 

3⃣ 成人式以外でも何度も着れる 

振袖に袴を合わせる

振袖は、成人式だけをイメージされるかもしれませんが、卒業式の袴に合わせたり、お友達・ご親戚の結婚式、謝恩会、パーティー、ご結納、披露宴のお色直しの衣装など、お嬢様が結婚されるまでたくさんの着用機会があります。

 

こんなにあります!「振袖を着る機会」

 

そのため、いったんお嬢さま用に直してしまえば、成人式が終わった後、何度でもママ振りを着ることができます。

 

4⃣ 昔の振袖の方が、今どきの振袖より品質は良いことが多い 

最近の振袖は、製造コストを下げるため、インクジェット方式や海外生産の商品も増えてきましたが、お母様の時代はほとんどが国産で、職人が一点一点、手間をかけて仕上げる「手描き友禅」や「総絞りの振袖」がたくさん販売されていました。

 

 

こちらのお写真は、当店のお客さま鈴木由美子さまの30年前の成人式のときのものです。すべて手描きの加賀友禅で、今の時代これと同じクラスの晴れ着をあらたに購入しようと思ったら、かなりの金額をださないといけません。

 

当店では、この振袖のサイズを直し、帯あげ・帯締め・草履バック・髪飾りなどの小物だけを、お嬢様の千尋さま用にあらためてコ-ディネートさせて頂きました。

 

お嬢さまの振袖すがた

 

このようにして、リメイクすれば、今の時代でも十分きれるどころか、最近のレンタル品の振袖と並んでみても、決して見劣りする事がありません。

 

お母様の時代は、100万円以上する高品質の振袖がたくさん販売されていましたので、ママ振りがタンスに眠っている方は、ぜひこの機会に活用されるといいと思います。

 

5⃣ 親子3代で思い出が共有できる

 

お母様の当時のお写真

 

成人式家族写真

親子3代による家族写真

 

最後に5つ目のメリットとして、ママ振りの活用には親子3代にわたり思い出を共有できるという点が挙げられます。

どのご家庭でも、成人式の振袖には、お母様・おばあ様それぞれの思いがこもっており、お嬢さまの振袖姿をながめながら、当時その振袖を選んだ時のことや、成人式での出来事、また人生においてこの振袖を着た全てのイベントが、思い出と共に蘇ってきます。

 

ママ振袖 白 青 黒 赤 オレンジ 総絞り

 

ほとんどのお客様が「もうこの振袖を着ることは2度とない」とあきらめていた方が多いため、ママ振りの活用には、サプライズ的な意味での感動もあり、とくにその着物にたいしての思い入れが強い場合は、涙を流して喜ばれるおばあ様・お母様もいらっしゃいます。

 

ママ振りについての長所については以上ですが、次からは短所についてもくわしく解説していきたいと思います。

 

ママ振りの短所

 

1⃣ 古い着物のため、染み抜きやサイズ直し等のお直しが必要 

 

 

2⃣ 汚れが酷かったり、サイズがかなり違う場合は、お直し費用が高額になる。

 

 

3⃣ 着用後のお手入れや、保管場所が必要。

 

 

4⃣ お嬢様がどうしてもママ振りを着たくない場合、この方法は不可。

 

 

5⃣ ママ振りが家にない(母親の時はレンタルにした・紛失してしまった)場合、この方法は不可。

 

 

 

 

 

ママの振袖リメイク バナー画像

 

新作振袖のお下見_バナー

 

振袖美人 インスタグラムバナー画像