振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

トップ > 六代目ブログ > 【お宮参りの赤ちゃんの着物】は誰が用意するの?

【お宮参りの赤ちゃんの着物】は誰が用意するの?

2018/07/25

お宮参りの衣装は父方・母方どちらで準備するものなのか?

お宮参り夫婦_350

 

皆様より「赤ちゃんが生まれたら、お宮参りの着物は 父方・母方どちらが用意するのものなのですか?」というご質問をよくお受けします。

 

これについて、まず教科書的な一般論を申し上げると「お嫁さまのご実家、つまり母方にて用意する」と言われる事が全国的に多く、私のお店がある名古屋でもかつてはそうでした。(福井県の一部地域など、父方が用意する慣習がある所もあります)

 

では今でも、昔から言われている通り「お宮参りの掛け着」はお嫁さまのご実家にて用意する事が多いのでしょうか?

 

 

母方が準備するという慣習は形骸化してきている

 

おじいちゃん・おばあちゃんイラスト

 

これについて、日頃より現場で初着(うぶぎ)を販売させて頂いている呉服屋の立場から申し上げると「祝い着は母方の実家で用意しなければいけないもの」という考え方や慣習は、昔に比べかなり薄れてきています。

 

実際「やまなか」では、年間50枚以上のお宮参りの着物を販売しておりますが、購入される方の割合は、下記のように母方と父方でほぼ同じ位になってきています。

 

  • 母方(お嫁さま)の実家が購入 約4割
  • 父方(ご主人様)の実家が購入 約4割
  • ご主人・お嫁様が購入 約2割

 

この点について、全国の呉服店・百貨店にお宮参りの衣装を卸しているメーカーさんにも聞いてみましたが、関東・関西ともその傾向はみられるそうで「どちらの家が用意するものなの?」という質問に対し「母方で用意するものです」とは、なかなか断言しにくい状況になってきました。

 

では、どちらのお家が準備すれば良いのか?

困った主婦A_500

「そんなこと言われても、お宮参りのをするには初着が必要だし、私はどうすれば良いの?」と思われた方も多いと思いますが、まずはその前に、もっと大きな視点でお宮参りの現状をお話しをすると、近年ではレンタル(貸衣装)に押され、お祝い着をあらたに購入する割合そのものが、かなり減ってきています。

 

全体の6~7割はレンタルで、さらに20~30年前にお母様やお父様が使用した初着をお着せしたり、ご親戚や友人から借りるケースもあり、新しく産着を購入される割合は全体の1~2割になっています

 

さらに東京や大阪などの都心部になるほど レンタルの比率が高まり、お宮参り自体されないご家庭もかなりいらっしゃいます。

 

初着のレンタルをしていない当店のような昔ながらの呉服屋からすれば、寂しい感じもしますが、こればかりは時代の流れですので仕方がありません。

 

「お宮参りの衣装」は買いたい方のお家が買えば良い

 

お宮参り着物

 

ということで、これらの現状をふまえた上で、あらためて「どちらの家で祝い着は用意すれば良いの?」というご質問について私なりの答えですが、まずは購入・レンタル・昔のを使用・親戚から借りる等、どの方法でご準備するかを決めて下さい。

 

その上で購入するのではあれば「買いたいと思っている方のお家が買えば良い」です。

 

というのも昔は、あまり乗り気ではないけど、いちおう「お宮参りの着物はお嫁さんの実家が用意するもの」となっていたため、慣習に従ってしぶしぶ来店されるお客様もいましたが、今の時代そういったお客様はほとんどいません。

 

父方・母方に関係なく、より和服に対する意識が高い方のお家の方がご来店され、購入単価も昔より逆に高いのが特徴。当店での平均単価も男の子・女の子とも7~10万円になっています ⇒「お宮参りの着物」の相場はいくら?

赤ちゃんを抱く中年夫婦イラスト

購入のためご来店されたお客様は、みなさん「出来るだけ良い柄の初着をお子様(お孫様)に着せてあげたい」という一心で、楽しそうにお選びになっていかれます。

 

【ご注意】ただし、皆様のお住まいの地域が「お宮参りの着物は〇〇の方のお家が用意するもの」という考え方が今でもしっかりと根付いているようでしたら、そのしきたりに従って下さい。とくに地方では、町・村単位でその土地特有の慣習が続いている地域が今でもたくさんあります。

 

 

お宮参りの着物の販売 バナー

 

 

男の子が生まれた場合はどちらが多い?

男の子赤ちゃんイラスト

さて、お宮参りのお祝い着を見に来られるのは、父方・母方でだいたい同じぐらいと申し上げましたが、これは男女合わせた平均で「男の子」の場合と「女の子」の場合では若干違いますので、その傾向をご説明させて頂きます。

 

まず「男の子」がお生まれになった時ですが、この場合は不思議と父方のお家がご来店されることが多いです。

 

とくにそのお子様が、父方のお家のご長男さまの第一子で自営業をされている場合は、必ずと言って良いほど 父方のおじい様も一緒にお越しになります。

 

おそらく おじい様にとっては、お孫様が将来そのお家の跡取りになるという事を意識されているのだと思いますが、お選びになる際も一番熱心に御覧になっていかれます。

 

家紋_丸に違い鷹の羽

 

また、男の子の祝い着には家紋を5つ入れますが、お生まれになった赤ちゃんが「山田太郎くん」でしたら通常は「山田家の紋」つまり「父方の家紋」を入れます。

 

家紋について詳しくはコチラ

 

この購入する着物に「自分の家の紋」を入れるという点も、父方の方が多い理由のひとつです。

そして、将来再び山田家の中に男の子がお生まれになれば、家紋が一緒ですので、その着物を再び活用することができます。

 

男の子お宮参り 着物バナー画像

 

 

女の子が生まれた場合はどちらが多い?

女の子赤ちゃんイラスト

いっぽう「女の子」の場合は、母方のご家庭がお越しになることが多く、どんな色や柄の着物を購入するかは、母方のおばあ様奥様が主導権を持ってお決めになるケースが多いです。

 

よく成人式の振袖のお下見では、母方のおばあ様がご一緒にお越しになる事が多いですが、それと同じような感じでしょうか。同じ女性ということで着物選びにも力が入るようです。

 

また、おじい様やご主人様も一緒にお越しになる事もありますが「わしゃ、女の子の事はようわからんから、お前らに任せた」みたいなスタンスで御覧になっている事が多いです(笑)

 

以上が 男の子と女の子場合での違いですが、男の子の場合でも 母方のお家がお越しになる事はよくありますし、その逆も同じようにありますので、あくまでご参考程度にしておいて下さい。

 

女の子お宮参り着物 バナー

 

 

お祝い着を購入する際に気を付けること

 

女の子初着

 

さてこの「お宮参りの産着」ですが、購入する際 一点だけ気を付けてほしい事があります。

 

もしあなたが「お宮参りの掛け着」を購入してあげようと思った際、ひょっとしてお相手のお家も、あなたと同様に買う気満々かもしれません。

 

お宮参りの衣装は、ランドセルと同じように1人のお子様に1枚しか必要ありませんので、購入する際には必ずお相手の意向も確認しておきましょう。

 

その確認をせず、先走って購入してしまうと、あとあと気まずい思いをする事になってしまいます。

 

そしてもし、ご両家のお気持ちが同じぐらいのテンションでしたら、お話し合いの上「今回は今までの慣習に従い、母方で準備しましょう」としておくのが無難かもしれません。そしてさらに「もし次回、ちがう性別の赤ちゃんが生まれた時は、ぜひそちらでご準備をお願いします」としておけば、ご先方の顔も立ち、バランスが取れるのではないでしょうか。

 

最近増えてきた若ご夫婦だけでのご来店

夫婦と赤ちゃん誕生

 

あと最後に最近の傾向として1つ付けくわえますと、若ご夫婦だけでご来店されるお客様も全体の約2割まで増えてきました。

 

こちらのお客様の特徴としては、ご夫婦の年齢が30歳以上で経済的余裕もあり、お子様が第一子の場合です。

 

かつては、ほとんどの方がご実家に頼っておられましたが「自分の子供の事については自分たちで決める」という意識が高まってきたからではないでしょうか。

 

お宮参りの衣装をレンタルする場合

一方、最近主流になってきた貸衣装で済ました場合、費用はそれ程かかりません。

 

例えば楽天などのネットショップなら、お安いもので約3,000円からレンタルしており、名古屋市内の貸衣装店でも5,000円の費用で借りることができます。

 

楽天市場【男の子お宮参り着物】レンタル 3,380円

きものレンタル「まつうら」様

 

これ位の価格帯ですと、ご実家に頼らず若ご夫婦だけで決めることができますので「父方・母方どちらで用意するのか」という問題にもそれほどなりません。

ネット通販_イラスト

このように最近は店舗に足を運ばなくても、パソコンやスマホからお値打ちにレンタルできるようになりましたので、出産直後で夫婦そろって外出できないご家庭でも、気軽にお祝着を選んでいただけます。

 

便利な写真館でのレンタル+撮影+お出かけプラン

カメラマン男性_500

また最近は写真館でも、お宮参りの着物をレンタルする事ができ、撮影後そのままお宮参りにお出かけできるプランを用意しているお店も増えています。

 

衣装のレンタルも記念撮影もでき、そのままお宮参りにも行ける事から、何もかもワンストップで済ませたい方は、フォトスタジオでの「お宮参りプラン」を利用される事をおススメします。

 

SNOW INさま

フォトスタジオ Mai さま

株式会社 仙石さま

 

 

昔の初着を使用する場合

あと最近の傾向として、お父さま・お母さまが、20~30年前に使用した初着を使用されるお客様も増えています。

 

今あるもの活用することで、新たな費用がかからないだけでなく、親子3代に渡り、お宮参りの思い出を共有することができるのも大きなメリットです。

 

成人式でもママ振りと呼ばれる「母親の振袖」を活用される方が増えているように、昔の着物を使うという方は、これからも増えていくでしょう。

 

ただその場合、気を付けて頂きたいのは、昔の着物は何十年もタンスの奥に眠っていたため、染みや汚れが付いているが多く、中にはカビや変色になっているケースもあります。

 

産まれたばかりの赤ちゃんは、抵抗力も弱く、衛生的な面からみても、昔の初着を使う場合は必ずクリーニング・染み抜きをしておきましょう。

 

また、お着物のクリーニングは、お洋服と違い 1~2ヵ月かかります。

染み・カビ・変色が酷い場合は、さらに納期がかかることもありますので、昔のお着物を活用される際は、早めにチェックしておきましょう。

 

着物クリーニング バナー

 

 

当店で初着を購入されたお客様の紹介

 

お宮参り家族写真

 

さて、こちらの素敵なお写真は「やまなか」にてお祝着を購入された、日進市にお住いの森さまの家族写真です。

 

最近は、ご夫婦だけでご来店されるお客様が増えていると申し上げましたが、森さまも奥様とお2人だけでお越しになり、男の子の祝着を選んで頂きました。

 

最初にご来店されたのは、もう何年も前の事ですが、お電話をいただいた時から「竜の柄をお願いします」と伺っておりましたので、私も出来る限りの「竜の柄の初着」を用意させて頂きました。

 

ご主人様は、その頃まだ20代とお若く、奥様はご出産前でお腹も大きくていらっしゃったのですが、お2人そろって 一生懸命 これからお生まれになる赤ちゃんのために衣装を選んでおられる光景が今でも忘れられません。

 

その3年後、森様にはもう1人「男のお子様」がお生まれになり、2人そろってこの祝い着をご活用頂きました。

お宮参り_男の子

上が お兄様の 郁真(いくま)君で、下が弟さまの 遥真(はるま)君 で、お2人共とっても可愛いですね!

 

さらに お兄様の郁真くんの5歳の七五三の時には、この着物を袴に合わせ、こんな感じでカッコよくお写真を撮影されました!  ⇒ 女の子の時は 3才の七五三で活用できます 

 

男の子5歳の七五三写真小さかったお2人が 久し振りにお会いすると、こんなに大きく成長され、私もビックリです!

 

購入された場合は、森様のように七五三でも着る事ができますので、ご参考にしてみて下さいね。

 

それでは今日はこの辺で

 

この記事を書いた人

 

 

お宮参りの着物の販売 バナー

 

訪問着の販売 バナー

 

きものやまなか会社概要