振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

トップ > 六代目ブログ > 【お宮参りの赤ちゃんの着物】は誰が用意するの?

【お宮参りの赤ちゃんの着物】は誰が用意するの?

2018/07/25

お宮参りの着物は父方・母方どちらで準備するものなのか?

お宮参り夫婦_350

 

さて、よく皆様より「赤ちゃんが生まれたら、お宮参りの着物は 父方・母方どちらが用意するのものなのですか?」というご質問をお受けします。

 

これについて、まず教科書的な一般論を申し上げると「お嫁さまのご実家、つまり母方にて用意する」と言われる事が全国的に多く、私のお店がある名古屋でもかつてはそうでした。(福井県の一部地域など、父方が用意する慣習がある所もあります。)

 

では今でも、昔から言われている通り「お宮参りの初着」はお嫁さまのご実家にて用意する事が多いのでしょうか?

 

母方が準備するという慣習は形骸化してきている

 

おじいちゃん・おばあちゃんイラスト

 

これについて、日頃より現場で初着を販売させて頂いている呉服屋の立場から申し上げると「祝い着は母方の実家で用意しなければいけないもの」という考え方や慣習は、昔に比べかなり薄れてきています。

 

実際「やまなか」では、年間30枚程のお宮参りの着物を販売しておりますが、購入される方の割合は、下記のように 母方と父方でほぼ同じ位になってきています。

 

① 母方(お嫁さま)のご実家が購入が 約4割

② 父方(ご主人様)のご実家が購入が 約4割

③ ご実家に頼らず、ご主人・お嫁様だけで購入が 約2割

 

この点について、全国の呉服店・百貨店に祝着を卸しているメーカーさんにも聞いてみましたが、関東・関西ともその傾向はみられるそうで「どちらの家が用意するものなのか?」という質問に対し「母方で用意するものです!」とは、なかなか断言しにくい状況になってきました。

 

では、どちらのお家が準備すれば良いのか?

困った主婦A_500

「そんなこと言われても、お宮参りのをするには初着が必要だし、私はどうすれば良いの?」と思われた方も多いと思いますが、まずはその前に、もっと大きな視点でお宮参りの現状をお話しをすると、近年ではレンタル(貸衣装)に押され、お祝い着をあらたに購入する割合そのものが、かなり減ってきています。

 

全体の7~8割はレンタルで、さらに20~30年前にお母様やお父様が使用した初着をお着せしたり、ご親戚から借りるケースもあり、新しい御品を購入される割合は 全体の1割にも満たないのが現状

 

さらに東京や大阪などの都心部になればなるほど レンタルの比率が高まり、お宮参り自体されないご家庭もかなりいらっしゃいます。(逆に地方では購入される方が多くなるので、レンタル比率は低くなります)

 

初着のレンタルをしていない当店のような昔ながらの呉服屋からすれば、寂しい感じもしますが、こればかりは時代の流れですので仕方がありません。

 

お宮参り着物

 

ということで、これらの現状をふまえた上で、あらためて「どちらの家で祝い着は用意すれば良いの?」というご質問について私なりの答えですが、まずは購入・レンタル・昔のを使用・親戚から借りる等、どの方法でご準備するかを決めて下さい。

 

その上で購入するのではあれば「買いたいと思っている方のお家が買えば良い」です。

 

というのも昔は、あまり乗り気ではないけど、いちおう「お宮参りの着物はお嫁さんの実家が用意するもの」となっていたため、慣習に従ってしぶしぶ御来店されるお客様もいましたが、今の時代 そういったお客様はほとんどいません。

 

父方・母方関係なく、より和服に対する意識が高い方のお家の方がご来店され、購入単価も昔より逆に高いのが特徴。(当店での平均購入単価は、男の子・女の子とも 7~10万円です)

赤ちゃんを抱く中年夫婦イラスト

購入のためご来店されたお客様は、みなさん「出来るだけ良い柄の初着をお子様(お孫様)に着せてあげたい」という一心で、楽しそうに選んでいかれます。

 

お祝い着を購入する際に気を付けること

 

女の子初着

 

ただ お宮参りの産着を購入する際、一点だけ気を付けてほしい事があります。

 

もしあなたが「お宮参りの着物」を購入してあげようと思った際、ひょっとしてお相手のお家も、あなたと同様に買う気満々かもしれません。

 

お宮参りの着物は、1人のお子様に1枚しか必要ありませんので、購入する際には必ずお相手の意向も確認しておきましょう。

 

その確認をせず、先走って購入してしまうと、あとあと気まずい思いをする事になってしまいます。

 

そしてもし、ご両家のお気持ちが同じぐらいのテンションでしたら、お話し合いの上「今回は今までの慣習に従い、母方で準備しましょう」としておくのが無難かもしれません。

 

最近増えてきた若ご夫婦だけでの御来店

夫婦と赤ちゃん誕生

 

さて最近の傾向として、若ご夫婦だけでご来店され産着を購入されるお客様も増えてきました。

 

こちらのお客様の特徴としては、ご夫婦の年齢が30~35歳以上で経済的余裕もあり、お子様が第一子の場合です。

 

かつては、ほとんどの方がご実家に頼っておられましたが「ご自分の子供の事については自分たちで決める」という意識が高まってきたからではないでしょうか。

 

お宮参りの祝着をレンタルする場合

一方、最近主流になってきた貸衣装で済ました場合は、費用はそれ程かかりません。

 

たとえば名古屋市内の貸衣装店ですと、お宮参りの着物を 5,000円+税 からレンタルしており、これ位の価格帯ですと、ご実家に頼らず若ご夫婦だけで決めることもできますので「父方・母方どちらで用意するのか」という問題にもそれ程ならないかと思います。

 

きものレンタル「まつうら」様

 

ネット通販_イラスト

さらに店舗に足を運ばなくても、ネットで祝い着をレンタルや購入する事もできますので、出産直後で夫婦そろって外出できないご家庭でも、インターネットから手軽に選んで頂く事もできます。

 

名古屋貸衣装さま

RENCA(レンカ)さま

 

便利な写真館でのレンタル+撮影+お出かけプラン

カメラマン男性_500

また 最近は写真館でも、お宮参りの着物をレンタルする事ができ、撮影後そのままお宮参りにお出かけできるプランを用意しているお店も増えています。

 

衣装のレンタルも記念撮影もでき、そのままお宮参りにも行ける事から、何もかもワンストップで済ませたい方は、フォトスタジオでの「お宮参りプラン」を利用される事をおススメします。

 

SNOW INさま

フォトスタジオ Mai さま

株式会社 仙石さま

 

以上今回は、お宮参りの着物についてお話しさせて頂きましたが、当店でも「お宮参りの着物」は販売しておりますので、もし宜しければコチラのページをどうぞ御覧下さい。(ただし、販売のみでレンタルはしておりません。)

 

お宮参りの着物の販売

 

 

当店で初着を購入されたお客様の紹介

 

お宮参り家族写真

 

さて、こちらの素敵なお写真は「やまなか」にてお祝着を購入された、日進市にお住いの森さまの家族写真です。

 

最近は、ご夫婦だけでご来店されるお客様が増えていると申し上げましたが、森さまも奥様とお2人だけでお越しになり、男の子の祝着を選んで頂きました。

 

最初にご来店されたのは、もう何年も前の事ですが、お電話をいただいた時から「竜の柄をお願いします」と伺っておりましたので、私も出来る限りの「竜の柄の初着」を用意させて頂きました。

 

ご主人様は、その頃まだ20代とお若く、奥様はご出産前でお腹も大きくていらっしゃったのですが、お2人そろって 一生懸命 これからお生まれになる赤ちゃんのためにお着物を選んでおられる光景が今でも忘れられません。

 

その3年後、森様にはもう1人「男のお子様」がお生まれになり、2人そろってこの祝い着をご活用頂きました。

お宮参り_男の子

上が お兄様の 郁真(いくま)君で、下が弟さまの 遥真(はるま)君 で、お2人共とっても可愛いですね!

 

さらに お兄様の5歳の七五三の時には、この着物を袴に合わせ、こんな感じでカッコよくお写真を撮影されました!  ⇒ 女の子の時は 3才の七五三で活用できます 

 

男の子5歳の七五三写真小さかったお2人が 久し振りにお会いすると、こんなに大きく成長され、私もビックリです!

 

購入された場合は、森様のように七五三でも着る事ができますので、ご参考にしてみて下さいね。

 

それでは今日はこの辺で