6blog

六代目ブログ

一覧に戻る

【お宮参りの着物】は4つの準備方法があります

4つの準備方法の【長所と短所】

お宮参りイラスト

お宮参りで赤ちゃんに着せる産着(うぶぎ)の用意の仕方は、おもに次の4つの方法があります。

 

1⃣ 新たに購入する

2⃣ レンタル(貸衣装)にする

3⃣ 親戚や知人から借りる

4⃣ 両親がむかし着た産着を使う

 

この4つの方法には、それぞれ下のようなメリットとデメリットがあります。

お宮参りの着物をご準備されるときの参考にしてみてください。

 

 

1⃣ 新たに購入する

お宮参りの着物 男の子 女の子

 

長所

●高級感あふれる逸品ものを選ぶことができる。

●女の子は3歳、男の子は5歳の七五三で、再び着ることができる。

●将来だれかに着てもらうことができる(2人目のお子さま・親戚など)

●男の子の場合、ご自分の家の正式な家紋をいれることができる。

 

短所

●レンタルに比べると高額になる。

●保管場所やお手入れが必要。

 

 

2⃣ レンタル(貸衣装)にする

 

ネット通販_イラスト

長所

●購入よりお安くすむ。

●お手入れや保管の必要がない。

 

短所

●購入品より品質は落ちる。

●男の子の場合、紋が入っていなかったり、家の紋と違う場合がある。

●お2人目が産まれたら、またレンタルしなければいけない。

 

【参考ブログ記事】

お宮参りの着物の家紋について

 

3⃣ 親戚や知人から借りる

女性2人が話し合うイラスト

長所

●費用がかからない(クリーニング・お礼などに費用がかかる可能性はあり)

 

短所

●汚してはしてはいけないので、先方に気をつかう。

●使用後、クリーニングしてから返さなければいけない。

●男の子の場合、家の紋と違うことがある。

 

【参考ブログ記事】

借りた着物の返却マナーについて

 

4⃣ 両親がむかし着た産着を使う

たとう紙 イラスト

長所

●思い出の品を再び活用することが出来る。

●安くすむ。

 

短所

●古い着物なので、汚れ・変色がついていることがある。

●衛生上、基本的にはクリーニングしてから使用しなければいけない。

 

 

お宮参りの着物の選び方

 

 

お宮参りのお祝着専門店「きものやまなか」

 

きものやまなか店舗外観

 

お宮参りのお祝着専門店「きものやまなか」では、高級感あふれる産着を販売しております。詳しくは、下記のページにてご案内しております。

 

お宮参りの着物の販売 バナー

 

男の子お宮参り 着物バナー画像

 

女の子お宮参り着物 バナー