振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

トップ > 六代目ブログ > 失敗しない【お宮参りの着物】の選び方

失敗しない【お宮参りの着物】の選び方

2019/07/22

 

はじめての産着選び【7つのステップ】

お宮参りは赤ちゃんが生まれて何日目にするの?イラスト

お宮参りの時、赤ちゃんに着せる着物は、どのように選んだら良いのでしょうか?

はじめて、お宮参りの着物を選ぶ方のために、わかりやすく解説いたします。

 

1⃣ お宮参りの着物を知りましょう

お宮参りの着物 男の子 女の子

 

お宮参りに赤ちゃんにかけるお祝い着は、産着(うぶぎ)一つ身とも呼ばれ、男の子用と女の子用があります。

 

赤ちゃんの生後約30日後に、神社へお参りに行く際、赤ちゃんの掛け着として使用します。

 

また、男の子のお祝い着には、家紋をいれます。(女の子は基本的に入れません)

紋の数は、前の胸のところに2つ、後ろに3つの、合計5つの家紋を入れます。

 

男の子 お宮参りの着物の家紋の見本 前

 

男の子 お宮参りの着物の家紋の見本 後ろ

うしろ

 

家紋については、こちらの記事でくわしく解説しておりますので、どうぞご覧下さい。 ⇒ お宮参りの着物の家紋について

 

さらに産着は、女の子は3歳・男の子は5歳の七五三でふたたび着ていただくことも出来ます。

お宮参りの着物を女の子3歳 男͡の子5歳の七五三用に直し

 

 

2⃣ どんな色や柄があるのか知りましょう

鷹の柄

 

 

男の子用は、黒・紺などの色合いを中心に、兜・鷹・龍などの男の子らしい迫力のある柄が描かれています。

お宮参り男の子産着 人気の色ランキング 円グラフ

【男の子の産着】人気のカラーは?

【男の子の産着】人気の柄は?

 

男の子お宮参り 着物バナー画像

 

 

いっぽう女の子用は、赤・ピンク・白などの色を中心に、花柄や手毬などの可愛らしい柄が描かれています。

お宮参り女の子に人気の色ランキング 円グラフ

【女の子の産着】人気のカラーは?

【女の子の産着】人気の柄は?

 

女の子お宮参り着物 バナー

 

 

3⃣ 準備方法を決めましょう

 

女の赤ちゃんの初着の画像

 

 

さて次に「産着の準備方法」にうつりますが、おもに4つの方法があります。

 

1⃣ 新品を購入

2⃣ レンタル(貸衣装)

3⃣ 知人・親戚から借りる

4⃣ かつて父母が使った産着をつかう

 

むかしは購入する方がほとんどでしたが、最近は貸衣装や、知人から借りる方もいらっしゃいます。

 

この4つの方法には、それぞれ長所と短所がありますので、詳しくはこちらのページをご覧になり、検討してみてください。⇒ 4つの準備方法の長所と短所とは?

 

おじいちゃん・おばあちゃんイラスト

 

また、父方・母方どちらが用意をするかについては「母方が準備する」とされていた地域が、かつては多かったですが、最近は父方・母方関係なく準備をされるケースが増えています。 ⇒「お宮参りの祝い着」は父方・母方どちらで用意するのか?

 

 

4⃣ どんなお店で取り扱っているかを知りましょう

呉服店 着物屋 百貨店のイラスト

お宮参りの赤ちゃんのお祝着は、おもに次の4つのお店・業態で購入することが出来ます。

 

① 呉服店

② 百貨店・デパート

③ ベビー用品店

④ ネット通販

 

①呉服店は、和服が専門ということもあり、いちばん無難な選択肢です。

②百貨店は、高級品を中心に取り扱っていますが、人口が少ない地域では、お近くにお店がない事もあります。

③ベビー用品店(西松屋・赤ちゃん本舗)④ネット通販(楽天・アマゾン)では、よりお値打ちな産着を販売しています。

 

このように、それぞれのお店・業態には特徴がありますので、詳しくは下記のページをご参考にしてみてください。

 

お宮参りの着物を販売しているお店【長所と短所の比較】

 

 

6⃣ 相場を知りましょう

お宮参りの着物の相場はいくら? イラスト

費用については、レンタル(貸衣装)と購入で比較すると、こちらのようになります。

 

レンタル相場 3,000 ~ 25,000円
新品購入相場 20,000 ~ 200,000円

 

もし、費用をおさえたいのであれば、レンタルの方がお安く済みますし、ご予算に余裕があり、より高級な御品を選びたいのであれば、購入がおすすめです。

 

予算については、こちらのブログ記事で、さらに詳しく解説しておりますので、どうぞご覧下さい。 ⇒ 産着の相場と【レンタル・購入との比較】

 

 

7⃣ 実際にお店に行って産着を見てましょう

 

お宮参り着物

 

準備方法や、どんな色柄を見てみたいか、だいたいのご予算などが決まりましたら、実際にお店に行って、産着を見てみましょう。

 

お店の調べ方は、やはりグーグル検索が便利です。

たとえば「お宮参りの着物 販売(レンタル)+ お住まいの地域名」のキーワードで検索すれば、おそらくいくつかのお店が表示されると思います。

 

また、この検索方法で、お店が出てこなければ、お住まいの地域の、呉服店・百貨店・貸衣装店・写真館などを検索し、直接お店に電話で聞いてみるのがいちばん早いのではないでしょうか。

 

愛知県・名古屋市内【お宮参りの着物を購入・レンタル】お店一覧

 

 

以上が「お宮参り着物選び7つのステップ」です。

 

お宮参りは、お子さまが誕生してから、いちばん最初に行われる大切な儀式ですので、この記事が皆さまのお役に立てることを願っております。

 

★この記事を書いた人 ⇒ 「きものやまなか」店主 山中邦彦 プロフィール

 

 

お宮参りの着物専門店「きものやまなか」

 

きものやまなか店舗外観

 

赤ちゃんのお祝着をお探しなら、創業1864年の「きものやまなか」へお越し下さい。男の子・女の子の産着を、レンタル品とはまったく違う、本格派の産着を販売しております。くわしくは、こちらのページをご覧下さい。

 

お宮参りの着物の販売 バナー