振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

トップ > 六代目ブログ > 【喪服の着物】は誰が着るのか?

【喪服の着物】は誰が着るのか?

2019/08/12

親族が着ることが多い【和装の黒喪服】

 

和装の喪服姿の女性

 

お葬式で女性が着る「和装の黒喪服」は、一般的に故人の親族が着ることが多いです。

 

例えば、ご主人様がお亡くなりになったケースですと、ご主人様の奥さま・お母さま・娘さまなど、2~3親等以内の近しい身内の方が着用されます。

 

とくに一番着用機会多いのが、奥さまが喪主になったケースです。この場合は、お嫁入りのお支度として用意した喪服や、葬儀屋さんでレンタルした貸衣装の喪服を着用します。

 

喪服姿の女性

 

 

未婚者でも和装の喪服は着る

着物の喪服を着た女性のイラスト

また、喪服は振袖のような未婚・既婚のきまりがある着物ではないので、未婚者であっても、身内の方がなくなったときは着用します。

 

 

喪服は親族だけが着るわけではない

ただ、この和装喪服ですが「親族だけが着るもの」という決まりがあるわけではありません。親族ではない一般の参列者が、喪服を着ることはよくあります。

 

たとえば、普段からよく和服を着る機会がある呉服屋や料亭の女将・着付士・茶道・華道をされている方などです。

 

 

 

着物の喪服の販売