6blog

六代目ブログ

一覧に戻る

【母の振袖】サイズ直しの方法

ママ振袖のサイズを直しましょう

振袖サイズ直し370修正済

 

今回はママの振袖をお着せするうえで大切な、お母様の振袖のサイズ直しについてお話させて頂きます。

サイズを直す箇所

ママ振袖のサイズを直す場合、おもに4つの箇所があります。

 

A 裄(手の長さ)

B 袖丈(袖のたての長さ)

C 身丈(身長の長さ)

D 身幅(着物の横はば)

 

 

A 裄(ゆき)直し

ママ振袖の裄直し 画像

 

親子の身長が同じでも、裄(手の長さ)はお嬢さまの方が長いことが多く、裄直しは、ママ振りのご相談でもっとも多いお直しです。

着物の生地の縫込み

内側から見た生地の縫込み

 

裄を伸ばす場合、内側に縫い込んである「生地の余裕分」しか伸ばすことになります。

 

そのため、どれくらい伸ばすことができるかは、専門の方に見ていただくといいでしょう。

 

さらに裄直しでは、伸ばした箇所にスジが入っていたり、色ヤケ(色が褪めている状態)になっているケースがありますので、一緒に直してもらいましょう。

振袖用の長襦袢

振袖の長襦袢

 

 

長襦袢も一緒に直しましょう


振袖の裄直しをする際は、下に着る長襦袢も同じように裄を伸ばさななければいけません。

着物だけ直しても、長襦袢とサイズが合っていないと、袖に振りから襦袢が出てしまうことがあります。

 

 

きものやまなか 裄直し料金(税込)
振袖 10,000円
長襦袢 10,000円
スジ消し

色ヤケ直し

別途お見積り

 

 

B 袖丈直し

袖丈(そでたけ)直しも、裄直しと同様、袖底(袖の一番下の部分)にある生地の余裕分しか伸ばすことができません。

 

きものやまなか 袖丈直し料金(税込)
振袖 7,000円
長襦袢 7,000円
スジ消し

色ヤケ直し

別途お見積り

 

着物の袖丈直しブログ記事

C 身丈直し

振袖の身丈(身長の長さ)を直すのは、他のお直しにくらべ大掛かりな作業となります。

 

お直しする方法はお店によって違いますが、当店の場合、洗い張り・お仕立て直しと言って、振袖をほどいて反物にもどし、いちから仕立て直します。

洗い張り

お仕立て

 

この方法ですと、費用と納期がかかる反面、汚れもしっかりと落とすことができ、胴裏(着物の白い裏地)も交換できるので、まるで新品のように仕上がります。

 

さらに、身巾・裄・袖丈などの箇所も一緒にお直しすることが出来るので、すべての箇所をお嬢さま用にお直しする事ができます。

 

きものやまなか お仕立て直し料金(税込)
洗張り 17,000円
胴裏代 14,000円
お仕立て代 44,000円
パールトーン加工 17,600円
染み抜き・スジ消し 別途お見積り
合計 92,600円
納期 4ヵ月

 

B 身巾直し

振袖 下前 身巾狭し

身巾が合わない振袖

 

身巾直し(横巾のお直し)も当店の場合、身丈直しと同様、お仕立て直しにて対応しております。

 

その方が胴裏(裏地の白い布)も新しく交換する事ができ、生地のダブりもなく、綺麗に仕上がります。

 

また振袖を解いた際、柄が途中で切れている場合は足すことも可能です。

ママ振袖柄足し 事例

 

身巾直し・柄足しの事例

 

いっぽう当店ではしておりませんが、着物を反物にもどさず、身丈・身巾直しをされるお店もあります。

 

その場合、お仕立て直しほど費用と納期はかかりませんので、対応可能なお店でお見積りをして頂くと良いでしょう。

 

この余裕がない場合、お嬢様のベストのサイズには 直せない可能性もあります。

 

 

また 少しの違いなら、着付だけで調節してもらうことも可能ですので、そんなにご心配はいりません。 ⇒ お嬢様の方が 小柄なケースでの サイズ直し

 

 

 

 

 

 

とくに お嬢様が お母様より10cm以上身長が高くなると、部分的なサイズ直しでは難しくなり「洗い張り」と言って 振袖をいったん反物に戻し、一から仕立て直す作業が必要となってきます。

 

この場合、費用もお時間も 通常のお直しより かかってきますので、ぜひお早めに お近くの呉服屋さんなどで 見てもらうことが大切です。⇒ 振袖の仕立て直しの費用

 

なぜなら サイズが直らず「お母様の振袖を どうしても着る事ができない」とわかれば、

● 新品購入
● レンタル
● 親戚や知人から他の振袖を借りる

 

などの「違う選択肢」を、早い時期から 検討できるからです。

 

「サイズ直し」をする箇所

振袖のサイズ直しで 確認するのは、おもに次の3箇所です。

 

A.身丈(ご身長の長さ)
B.ゆき(手の長さ)
C.袖丈(お袖のたての長さ)

 

その他、細かい箇所のサイズもありますが、の3つさえ合っていれば、振袖を着る上で そんなに問題はありません。

 

また「身幅」(横の幅)については、ある程度なら 着付けで 調節することが可能ですが、かなりサイズが違う場合は、やはり時間や費用がかかる大掛かりな作業になってきますので、早めにみてもらいましょう。

 

どのように確認するのか?

サイズを確認する上で 一番良い方法は、実際に お嬢様に お着せしてみることです。

 

ただ、この作業は「お着物をたためない」など、和装について全く知識がない方には 少し難しいかもしれません。

 

(もちろん、お母様にお着付けの心得や 和装に関しての知識があるようでしたら、一度 お嬢様にお着せして 確認してみましょう。)

 

 

着物のサイズ確認

 

 

当店で サイズ直しの 御相談をお受けする場合も、必ず お嬢様と御一緒に御来店頂き、ご本人に着ていただきます。

 

そしてこの時 気をつけて頂きたいのは、必ず その振袖の下に着る予定の 長襦袢も一緒にお持ちなり、サイズを見てもらうという点です。

 

よく サイズを直す場合、振袖だけでいいと思われている方も 多いのですが、長襦袢は、振袖と重ねて着ますので、裄(手の長さ)など 必ず一緒に直さなければいけません。

 

また長襦袢は、どれも同じような色合い・柄だったりするので、訪問着や留袖など他のお着物用と間違えてお持ちになる方が たまにおられます。

 

振袖用の長襦袢は、振袖同様 お袖が長いので、ご来店前に たとう紙をあけて必ず確認しておきましょう。

たとう紙

お着物がたためない お客様にとっては、少し面倒な 作業かもしれませんが、家まで取りに帰ったり、後日また来店しなければいけないので、2度手間になってしまいます。

 

振袖のサイス直しはコチラ

 

ママ振のご相談はコチラ

 

 

ママ振りのサイズを直したお客様紹介

さて サイズ直しについては、これぐらいにしておき、今日も 実際に当店で「ママ振リメイク」をして頂いたお客様の 御紹介にうつりたいと思います。

 

 

今回 ご紹介するお客様は、清須市にお住まいの 池田 一乃(かずの)様 と お嬢様の 真歩(まほ)様 です。

 

こちらが、お母様が成人式の時に お召しになった 白と水色の素晴らしいお振袖なのですが・・・

 

ママの振袖

 

 

やはり 25年以上前の お着物ですので、下の写真のような 汚れや変色が 所々についておりました。

 

振袖の汚れ

 

そのため、生地を痛めないよう 細心の注意を払いながら、染み抜き・変色直しの 作業をいたしました。

 

あと ご身長に関しては お嬢様のほうが 10センチほど 高かったので、費用とお時間が かかりましたが、洗い張りで 振袖を反物に戻し、お嬢様のサイズに 一から仕立て直しております。

 

ただ、池田さまは 成人式の1年以上前に「やまなか」まで お越しになられたので、余裕をもって 御準備をすることができました。

 

また 記念写真も 成人式の 4ヶ月前には 撮影されております。

 

「やまなか」にお越し頂いたときから ご身長があり、可愛いお嬢様であることは 十分承知しておりましたが、 完成した そのお写真を 拝見したとき、わたくし言葉を失いました。

 

キレイな お嬢様は 見慣れているはずなのに。。。 どうぞ!

 

 

平成28年 御成人 池田 真歩さま

 

池田さま_コラージュ4_600

池田さま5_コラージュ5_600

真歩さまの振袖姿を 御覧になった おばあ様は「感無量!」と たいへん感激されたそうです。

 

「きものやまなか」は、池田さまのように「ご家族全員から祝福される成人式」を お届けしたいと考えておりますので、お気軽に御連絡ください。

 

次は あなたの番ですよ!

 

 

お母様からのご感想

お客様の声 H28池田一乃さま_550

 

お嬢様からの御感想

お客様の声 H28池田真歩さま_550

 

「ママ振サイズ直し」ご相談受付

【電話】0120-529-841
【営業時間】午前10時 ~ 午後6時30分
【定休日】毎週 水曜 / 第2・4 火曜

 

ママの振袖リメイク バナー画像

 

新作振袖のお下見_バナー

 

振袖美人 インスタグラムバナー画像

 

 

お名前(苗字)
メールアドレス