振袖 名古屋|成人式の振袖は【きものやまなか】

  • お気軽にお電話ください。tel:0120-529-841

  • メールでのお問い合わせ

トップ > 六代目ブログ > 振袖の袖丈を短くし訪問着に直す時の【料金とメリット・デメリット】

振袖の袖丈を短くし訪問着に直す時の【料金とメリット・デメリット】

2019/07/18

振袖の袖を切って訪問着に

 

袖丈直しのイラスト

 

成人式で着る振袖は、未婚者の晴れ着であるため、結婚してしまうと基本的には着れなくなってしまいます。

 

ただ、せっかく気に入って購入した着物ですので、結婚してからも着れるよう袖を短くして、訪問着としても着たいと希望するお客様も増えてきました。

 

振袖は【結婚したら】着れないの?

振袖は【何歳まで】着れるのか?

 

その場合、以下のように気を付けて頂きたい点がございますので、どうぞ御覧下さい。

 

振袖を訪問着に直すメリットとデメリット

着物の袖丈直し

まずメリットについては、言うまでもありませんが、結婚してからは本来着る事が出来なくなる振袖を、訪問着として結婚後も着て頂けるという点です。

 

ただ、それに伴うデメリットについては、以下のようになります。

 

デメリット

① 色や柄はハデな振袖のまま

② いったん袖を切ってしまうと元には戻せない

 

 

① 色や柄はハデな振袖のまま

お母様の成人式の頃(20~30年前)は、今よりも落ち着いた色や柄の振袖が多く、お袖を短くしても、訪問着として着れる振袖がたくさん販売されていました。

 

ママ振袖 白 青 黒 赤 オレンジ 総絞り

お母様の時代の振袖

 

袖を切って訪問着になる振袖

 

ただ、最近の振袖の準備方法はレンタル(貸衣装)が主流となったため、メーカー側も二十歳の成人式の時に着ることだけを想定した鮮やかな原色系を使い、なおかつ全体柄の豪華な振袖に力を入れています。

 

つまり、訪問着としても将来着れるようなデザインや落ち着いた色の振袖はほとんど作らなくなってしまいました。

 

たとえば、こちらのサイトは色々なメーカーさんの今ドキの最新柄がたくさん掲載されていますが、ご覧頂いてもわかるとおり、袖を短くしても、色や柄がハデすぎてとても30代や40代では着れないものばかりです。

 

最新振袖カタログ

 

そのため、お手持ちの振袖が少しハデと思われたら、一度、呉服店などの方に見てもらい、30代・40代になってからも着れる色柄か、一度みてもらいましょう。

 

② いったん袖を切ってしまうと元には戻せない

ハサミと和服仕立てのイラストアイコン

あと、もう一つのデメリットとしては、いったん袖を切ってしまうと、再び振袖としては着る事ができなくなってしまいます。

 

とくに最近は「ママ振り」と言って、成人式に「母親の振袖」を着る事がブームとなっていますので、もし将来、ご自分のお嬢さまやご親戚の誰かにその振袖着せてあげたい時は、切らずにそのままにしておく方が良いでしょう。

 

最近ブームのママ振りとは?

 

袖を切らずに訪問着に直すのは可能か?

また、袖を切らずに、中に折り込んで短くする方法もありますが、その場合も下記のようなデメリットもあります。

 

● 袖が重くなる

● もとに戻すとき、スジがついたり、色ヤケになっている事がある

 

この点につきましては、実際に専門家の方に振袖をみてもらいご相談してみて下さい。

 

袖丈直し料金

お札イラスト

この袖丈直しの料金ですが、当店の場合ですと下記のようになります。

また通常は、長襦袢も一緒に袖を短くしますので合わせてご注文を受ける事がほとんどです。

 

振袖 袖丈直し代  6,800 円
長襦袢 袖丈直し代  6,800 円
合 計 13,600 円

※ この料金は、お袖を裁断してお直しする際の料金です。

 

袖丈直しはコチラ

 

袖丈直しのお問い合わせ

【電話】 0120-529-841

【営業時間】午前10時~午後6時30分

【定休日】毎週 水曜/第2・4火曜