6blog

六代目ブログ

一覧に戻る

【お嫁入りの着物】として喪服は必要か?

和服喪服イメージ

 

皆さんは「喪服」という着物をご存知ですか?

 

色は真っ黒、家紋が5つ付いている女性がお葬式で着る和服のことです。

 

この喪服について、よくあるご質問の中に「喪服は、お嫁入りの着物として必要なのでしょうか?」というのがあります。

 

おめでたいフォーマルの場で着用する訪問着や振袖と違い、普段あまり お話する機会があまりませんので、今回はこの喪服の必要性についてお話させて頂きます。

 

 

喪服の現状

着物の喪服を着た女性のイラスト

 

喪服について、お客様にお尋ねすると「最近 着ないからねぇ~」というお答えが返ってきます。

 

確かに昔に比べると、和装の喪服の女性をお葬式で見かけることは少なくなってきました。

 

ただ実際に「やまなか」のお客様データを調べてみると、未婚・既婚に関わらず、お嬢様が35歳になるまでに65%の方が 喪服をおつくりになっています。

 

また お母様の世代にいたっては、9割以上の方が和服の喪服をお持ちになっています。

 

着物の喪服の販売

 

 

喪服をつくる3つの理由

 

G喪服(夏)(冬)350

 

昔ほど着なくなったのに、今でも多くの方が喪服をおつくりになるのは何故でしょうか? その理由は大きく分けて3つあります。

 

明日着なければいけない喪服

 

結婚式に着る黒留袖などは、4~6ヶ月前には連絡あるので、いま持っていなかったとしても、準備するだけの余裕が十分あります。

 

しかし喪服については、明日もしくは明後日 着なければいけないというケースがあるので、持っていないと もう間に合いません。

 

また病人が出てからでは、いかにも亡くなるの待っているようで、準備はしにくいもの。そのため 喪服については、ご家族が健康な時に前もっておつくりになる方がほとんどです。

 

あと「喪服はレンタルで」という方もおられますが、どこの・誰が・どんな悲しい席で着たかわからない様な「きもの」を皆さんは着たいと思いますか?

 

ひょっとしたら、あなたが借りるその「貸衣装の喪服」は、悲惨な事件や事故で家族が亡くなり、遺族が泣き叫ぶお葬式で使われたものかもしれません。

 

これはあくまで 私の個人的な意見ですが、喪服をレンタルで済ますぐらいなら、洋服で参列された方が私は良いと思います。

 

喪服イラスト_450

 

お嫁入りの道具としての喪服

 

お嫁入り_360

 

名古屋は 皆様もご存知のとおり「お嫁入りのお仕度が派手」という事で知られています。

 

そのため、昔なら嫁ぎ先のお母様にどの着物を嫁入り道具として お持ちすれば良いか、お伺いを立てたものです。

 

しかし今の時代 そのような事をたずねても、先方はこちらに気を使い、

 

「何も持ってこなくて いいですよ。」

 

という返事しか返ってきません。

 

ではその言葉どおり、何も持って行かないと今度は、

 

「〇〇さん、本当に何も持って来なかったのね…」

 

なんて言われたりします(汗)

 

実際に私共のお店でも、嫁いだ後にお姑さんから嫌味を言われ、しぶしぶ実家のお母さまと喪服を買いに来られる方があとを絶ちません。

 

そんな事なら最初から言ってよ!とツッコミを入れたくなりますが、

 

「喪服ぐらいは、何も言わなくても用意してくるでしょう。」

 

という意識は、今でも根強く残っています。

 

昔のようにタンスに入りきらない程、着物を用意する必要はないと思いますが、必要最低限のお仕度は準備しておいた方が良いのではないでしょうか。

 

かりに喪服を着ることが、しばらくの間なかったとしても、

 

「お嫁さんのご実家は、きちんとしたご家庭なんだな」

 

ということが、先方のお母さまにもおわかり頂けると思います。

 

嫁入り道具持たず_450

今どきの「お嫁入りの着物事情」

 

 

御守りとしての喪服

 

現在 愛知県や名古屋市内の慣習では、喪服の家紋は嫁ぎ先ではなく、ご実家の家紋を入れます。そしてこれには意味があります。

 

喪服についている「5つの家紋」は、ご実家のご先祖様やご両親をあらわし、嫁いでからも「御守り」として、お嬢様を悪いことから守ってくれるというものです。

 

つまり、喪服を着るという事は、家族の愛に守られている証であり、日本独特の文化でもあるのです。

 

人が身につける「衣装」は時代と共に変化していきますが、この喪服と家紋に関する考え方は、日本人として大切にしていきたいですね。

 

 

喪服の家紋の意味380

 

以上「喪服をつくる3つの理由」をお話させて頂きましたが、お葬式に参列する 一番の目的は、亡くなられた方へ今まで お世話になった「感謝の想い」を伝えることです。

 

喪服は、家紋が5つ付いている日本女性の第1礼装(最も格が高い装い)ですので、この想いを伝えるのに最も適した装いです。

 

とくにお亡くなりに なったのが、お父様やお母様であったり、ご主人様である場合、その想いはひと言では言い尽くせないでしょう。

 

もし「喪服の着物が必要なのか」をお考えになる時は、先ほどお話した「3つの理由」以外に、あなたならどんな装いでこの想いを最愛の人に伝えるかを考えてみてください。

 

またお嬢様のお嫁入りのお支度としてお考えになる場合は、ご自分の旅立ちの時「お嬢様には、どんな想いと装いで見送ってもらいたいか?」

そして「日本人として、どんな女性でいてほしいか?」も合わせてお考えになってみて下さい。

 

喪服販売店「きものやまなか」

 

きものやまなか店舗外観

 

創業158年の老舗呉服店「きものやまなか」は、お嬢様のお嫁入り用に最適な喪服を販売しております。

生地・染め・仕立てにこだわった美しい仕上がりをお約束しますので、喪服をお探しのかたは、ぜひ一度お越しくださいませ。

詳しくは、こちらのページをご覧下さい。

 

着物の喪服の販売

 

訪問着の販売 バナー

 

黒留袖の販売